スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
昨日父から電話がありました。
内容は正月どう過ごしたかというのと最近の体の近況報告です。

私が病気になってから、父と私は定期的に自然とお互いの病気の具合を報告し合うようになりました。

ここ数ヶ月の父のA1cは一年前と比べると1%も上がっています。
8%台から高い時は9%という高い値です。

最近は特にコントロールが難しいみたいで、酷い時はちょっと打っただけでも低血糖になったり、そうかと思うと次の日は血糖測定器が計測不能のHiの値をたたき出したりするんだそうです。
Hiと言うと、恐らく500くらいはあるんじゃないでしょうか…。
私はLowを出したことはありますが、Hiを出したことはまだありません。
Lowだと20以下です。これも全然良くない事なんですが…。
(あの時は本当に死ぬと思いました…。)

父の測定で初めてHiを見た時は本当にびっくりしたものです。
Hiなんかあるんだ…と思いました。

その時はそれだけの値なのでもちろん体もしんどく、体の中が熱く感じるんだそうです。
濃い血が流れている訳なんで「体の中が熱くなる」というのはなんとなく納得。


父の経験を教訓に、これから先もHi、Lowを出さないよう気をつけていきたいものです。
私の場合は特にLowに注意が必要かも…。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
血糖値(高血糖・低血糖) | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。