スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
糖尿病には妊娠中に糖尿病を発症する「妊娠糖尿病」というものがあります。
それじゃあ、すでに糖尿病を患っている人が妊娠した場合は何て言うんだろう
と思い調べてみると、それは「糖尿病合併妊娠」と言うそうです。

私がもし妊娠したとすると、後者の方になるということです。

糖尿病を持つ女性が妊娠すると、もう一度糖尿病になったようだと言います。
私も色々と調べてみましたが、本当に初めて糖尿病を診断された時のように一から勉強し直す気分になって、
2度糖尿病になったような感覚がしました。


妊娠するとホルモン発生や胎盤のエイジングが進み
その時期その時期によって体のインスリンの抵抗性が変わってきます。
母子の合併症予防のためにも、血糖コントロールは極めて厳格に行う必要があります。

妊娠初期はインスリンの感受性増え、低血糖になりやすくなります。
逆に妊娠中期以降はインスリンの抵抗性が増え、血糖値が上昇しやすくなります。
そのため、必要なインスリン量は妊娠していない時の1.5~2倍にまでになるのだそうです。


また、赤ちゃんが無事に産まれるその時まで、血糖値の変動の不安が常につきまとうため
お母さんは心身ともにストレスが半端なくあると言います。

私も自分のお腹の中にもし赤ちゃんがいると考えたら、毎日不安と心配で仕方ない気がします。
今は、血糖値の値が悪い時があっても影響が出るのは自分の体だけなのでいいですが、
お腹の中に赤ちゃんがいるとなるとそうはいきません。
奇形を持って生まれたり、糖尿病の体質遺伝など、将来を左右させてしまう危険性があるのです。


糖尿病でも元気な赤ちゃんを産んで育てている人はいっぱいいますが、それは本当にすごいことだと思います。

私も妊娠を希望していますが、毎月生理が来るとがっかりはするのですが
同時に安心してしまう自分もいます。
これでしばらくは時々悪い値になっても大丈夫、と思ってしまうのです。
産後に自分の病気が悪化するのではないか、という恐れもあります。

私には子供を産むという”覚悟”がまだ足りていないのかもしれません。


父は私の体のことを心配してか、病気になったその日から「子供は作らんでいいぞ」と言いました。
私も自分の体は大事です。
でも、女に生まれたからでしょうか、一度は自分の子供を産んでみたいなぁ…と思うのです。
それに、父の目が見えている間に孫を見せてあげたいとも思います。


体質的に妊娠は難しいかもしれません。
それでも、できることはやってみようと思います。

妊娠したらした時の人生、妊娠しなかったらしなかった時の人生です。
どちらに転んでも、自分の人生、充実させるぞー。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
一型糖尿病について | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。