スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
一般の本屋さんには、二型糖尿病についての本はたくさん並んでますが、
一型糖尿病の本はまず並んでません。

調べたい事があったので駄目もとで探してみましたがやっぱりありませんでした。
一冊くらい置いてあってもいいのに…と思いながら、数は少ないですが欲しい専門書を見つけたのでAmazonで取り寄せました。


結局、一型の人は自分で調べて情報を集めるしか手段がないのです。
最近ではネットが普及しているので色んな情報が転がってはいますが、
世代の古い、私の父みたいなパソコンの扱えない人は新しい情報があまり入ってきません。
糖尿病の大先輩ですが、今では結構知られている病気に関する事でも父は知らなかったりします。
なので出来るだけ役に立ちそうな情報は教えてあげるようにはしています。

病院でも本屋でもどこでもいいので、もっと周りに情報提供できたり、誰もが情報を受け取れる場所やモノを増やしていくべきなんじゃないかと思うのですが・・・。
そうじゃないと、父のような人達はなんだか今の世の中に置いてけぼりのような感じがしてしまいます。


一型糖尿病の人は体質やその日の心身の状態によって日々血糖値が上がったり下がったりします。
コントロールが困難な人は大勢います。
コントロールの仕方は人それぞれだし、解明されていないこともまだまだ多いので
残念ながらこれが正解、っていうやり方はありません。

どんなに偉いお医者さんが言うことでも、なんとなく説得力がないと感じる時もあります。
医学的には言ってる内容が合ってても感覚的に何だか納得いかない時があるのです。


実際一型糖尿病になった人しか分からないことも多く、試行錯誤している人はいっぱいです。
この病気は医者でも分からないことがあるほどです。

だからこそ色んな人の意見を集めた本なんかが出ればいいのに、と思うのです。
専門書じゃなくても構いません。
こんな時は血糖値が高くなった、とか、色んな一型糖尿病患者さん達の生の声を集めたものです。
原因不明の高血糖や低血糖でもその本から似たような症状の人の声を聞くことで
何かコントロールのヒントが見つけられるかもしれません。


なんせ世間には、一型糖尿病についての情報が少なすぎると思うのです。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
一型糖尿病について | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。