スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
糖尿病の三大合併症に糖尿病神経障害というものがあります。


父は自律神経にダメージを受けていて、暑くないのに上半身に異常に汗をかいたり、
逆に暑いのに下半身や両足に汗が少ししか出なかったり、全く汗をかかなかったりします。

一度怪我をすると、なかなか治りません。
血管がもろくなり、血液の循環が悪くなるためです。
バイ菌にも弱くなるので足の少しの傷口でも化膿したりします。
一度足に怪我をしたのですが、普通の人ならほっといても治るものが
父の場合全く改善せず逆に悪化してしまい、結局入院になったことがあります。

ひどい不眠症があり、寝つきにくかったり、睡眠中にも目覚めやすいです。
以前、糖尿病と睡眠の関係をブログで書いたことがありますが
その不眠によってさらに父の血糖コントロールは不安定になっています。

父の症状のこれらは全ては自律神経障害のせいです。


血糖値は、自律神経の働きによって厳密に調節されています。
そのため自律神経のバランスの乱れは、血糖値のコントロールに反映されると言われています。
事実、父の場合、食後なのに低血糖になったり、予期せぬ食前の高血糖があったりします。(胃の不全麻痺)

血糖値を安定させるためには、まず自律神経を整えることが一番大切です。
自律神経が乱れる最大の理由の一つは、結局のところ睡眠の乱れなのだと知りました。

これを知ってから、私は毎日12時前には必ず眠り7時に起きる、ということを意識して生活するようにしています。
夜更かしをした時の血糖値と比較をしてみましたが、一日を通してやはり値が安定していました。


自律神経障害は本当に怖いと思います。
帰省する度に父の症状を見てそれを実感します。

まだ何も不調は出ていないから、と気にせず過ごしていても、10年後20年後はどうなるか分かりません。
父は発症してから10年くらいはちょっと油断していた、と言っていました。
糖尿病の怖いところは、目に見えて悪い状態かどうか分からないことです。
知らずに悪い状態を続けていれば、10年後20年後に必ず体の不調となって現われてきます。

将来のために、自律神経を安定させることを意識することは本当に大事なことだと思います。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
合併症に関すること | コメント:(5) | トラックバック:(0)
コメント:
奇跡の果実
シーベリー(一般名シーバックソーン)と言う果実ご存知ですか。多くのフィトケミカルと非常に強い抗酸化作用の不飽和脂肪酸Ω3,6,7,9を含む果実で、北海道で最も抗酸化作用があるロシア種オビルピーハの栽培に成功しました。旧ソ連時代から薬剤として研究されており、血糖値減少、皮膚疾患等に利用されロシアでは処方箋が無いと購入できません。帯人畜大で血糖値抑制効果が発表されました。20年以上アトピーで苦しんでいる娘に笑顔が来ています。朝、寝る前に果実をジュースにして飲んでいます。(果肉、種ごと)果汁はph3以下の強酸性です。すごい果実シーベリーが北海道にありますよ。
ありがとうございます
シーベリーという名前を始めて聞きました。
こんな栄養価が高い果実があるんですね!
食べる用途も色々あるし毎日でも食べやすそうです。
値段もお手頃なんですね。
アトピーや便秘症にも効果があるのは驚きです。
シーベリーのフルーツソースがあるみたいなので毎朝食べるヨーグルトにかけて試してみようと思います。
貴重な情報ありがとうございました!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
放置はだめです~!(><)
何か病気が隠れてるかもしれませんし
内科や脳神経外科とかで一度検査してもらったらどうですか?
調べたら自律神経失調症だと心療内科に行くのがお勧めらしいですよ。

No title
>内科や脳神経外科とかで一度検査してもらったらどうですか?

そうですね。一度検査した方がいいのかもしれませんね。
ありがとうございます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。