スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

糖尿病と歯周病の関係。

2011/11/05 Sat 20:22

父からよく
糖尿病は目と歯に弱いから用心しろよ、今お父さん痛い目にあってるからな(笑)
と言われます。

目のことは父の目の状態を小さい頃から見てきたので気を付けないといけないなと思ってました。
でもどうして歯も気をつける必要があるんだろう?と思い、ちょっと調べてみることにしました。

すると、糖尿病の人は歯周病になりやすく、糖尿病でない人よりも重症化しやすいみたいです。
その理由はまだ正確には分かっていないみたいですが
どうやら血糖値(高血糖)が関係していることは確かなようです。

高血糖状態だと、尿がたくさん出て体内の水分量が減り
同時に唾液の分泌量も減ることで口の中が乾燥してきます。
口の中が乾燥している時は殺菌・組織修復作用が低下するため、歯周病が進行しやすい環境になるのだそうです。

また、唾液などの液体はもともと血液から作られるものなので
高血糖下では唾液の糖分の濃度が高くなり歯周病の原因菌が繁殖するようです。

糖尿病の合併症で、骨量が減少すること(骨粗鬆症)がありますが、理由として
歯の土台部分の骨が減少してしまう歯周病の影響であることは十分に考えられることです。

私もついこの前、骨粗鬆症の検査を受けてきました。
今まで一度も受けたことがなかったので今の状態はどうなんだろうと気になったので。

検査はめちゃくちゃ簡単で手をレントゲンで撮るだけ。
一瞬で終わっちゃいました。
結果は1週間程でわかります。

私の場合、特に異常はないけど平均の女性の骨密度に比べて少し低いことが分かりました。
平均が100%とすると90%だそうです。
また5年後に受けに来てくださいと言われました。

気になる方は骨粗鬆症の検査も一度受けてみてはどうでしょう。

あと、歯周病をしっかり治療するとHbA1Cが改善するということがわかってきたみたいで
それとは逆に、血糖コントロールが悪いと歯周病の治療だけ進めても歯周病がなかなかよくならないようなのです。
糖尿病と歯周病は切っても切れない関係なんですね。

ちなみに歯の定期健診は6ヶ月に1度行くようにしています。
歯は大切にしなきゃね。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログへ
人気ブログランキングへブログランキング


合併症に関すること | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。