スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
実家がこの10月終わりにカフェを開くことになったので、その手伝いで先週一週間ほど帰省していました。
家と隣のおばあちゃんの家の間にある倉庫スペースをお店風に改築したみたいです。

やろうかやろうか、とは聞いていたけど、まさか本当に実現しちゃうとは…という感じです

私の役目は主にHP作成やショップカード、メニュー表の作成、素材のための写真撮影・・・だったはずでしたが。。。。

いざ帰省してみると、色々と直前になって用意できてないことや手伝わないといけないことが山積み。
(や、やっぱり・・・
てな訳で、一週間めいっぱいなんだかんだお店のお手伝いをして帰ってきました。

いっぱいお客さん入ってくれるといいなぁ~


帰省中、父ともお店のことだけでなく、体調やコントロールのことなど糖尿についての話もしたのですが、
その中で私と父のそれぞれのヒューマログインスリンの効き方(血糖値の上がり方)の違いが大きく違うことが判明。

私は糖質を少しでも摂ると食後の血糖値が一気に上がっちゃう方で、インスリンの効きがいい時期は糖質6~7gで1単位、効きが悪い時期は5gで1単位打っていますが、父はお茶碗軽く1杯くらいだと最近は5単位程度で済むそうです。
昔は7~10単位程度打っていたみたいですが。

私だと、お茶碗1杯食べちゃうと確実に10単位以上は打たないとダメだろうなぁ。。。
そんなの怖くて絶対無理だけど…

同じ一型でも、こうもインスリンの作用に違いが出てくるものなのか・・・と思いますねー。
父は完全な枯渇型、私はまだ基礎インスリンが少し出ている進行型ですが、この違いも関係しているんでしょうか。
あとは、歳とか、栄養分の吸収力の違いのせい、とか・・・??

同じ病気でも、ほんと人それぞれなんですねー。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中

1クリックしていただけるととってもうれしいです!
        
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
------------------------------------------------------
一型糖尿病について | コメント:(4) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
カフェ、オープンされるんですね~♪
maruさんがHP作成されているのなら、是非リンクをお願いします。
京阪神で、近くだったらお店に行けるかなぁ~?なんて。

インスリンの効き方ですが、年齢と共に変わると思います。
男性と女性だけでも違うと思いますし。
ホルモンの出方もかなり違うと思うので。

主治医曰はく「血糖が乱高下しないなんて、おじいちゃん、おばあちゃんくらいだよ」って。

若い間は上げるホルモンも沢山出てるであろうと思われるので。
女性の場合、生理の関係で高血糖になったりしませんか?
男性にはまずそれがないですもんね。

私もインスリン始めてから11ヶ月目ですが、1単位あたりの炭水化物量が
大きくなりすぎて、食べられなくなってます。
「食べないと打てない」との強迫観念からか?胃腸障害をきたしてます^^;
はじめまして
初めてメールします。
いつも、参考にさせて頂いています。

2歳の娘が、この夏に発症し、日々試行錯誤しています(^^;
娘は、夏風邪が長引いていたので、たまたま行った血液検査で発覚した為、症状などが出る前だったので、なんだか信じられないし、何で私じゃなくて娘だったのか、神様を恨んだりもしましたが、今は早くわかって良かったのかな、と前向きに考えるようにしています。

娘の場合は、自分のインスリンもかなり残っているからか、打ってもあまり変わらなかったり、打たなくても下がっていたり、効いているのかいないのか、よくわかりません(>_<)
先生からは毎食後と寝る前にノボラピット0.5単位、寝る前にランタス1単位打つようにと言われていますが、食前血糖値と食べた量で、打ったり打たなかったり、といった感じです。
でも、こんな感じでいいのかな?と不安もあります。

今のところ、低血糖も起こしたことがないので、起きたらどうなるのかもわからず、心配は尽きません。

これからも、参考にさせてくださいね。
No title
>はるさん

こんばんは~、はるさん☆

実家のカフェなんですが、か~なりド田舎にある隠れ家的な場所になっちゃうんで、ちょっと難しいかもしれません(笑)(^^;)
でもありがとうございます★
もし、近くを通った際は、ぜひぜひ来てくださいね~(^^)
リンク貼らせていただきます↓
http://www.yaean.jp/


>インスリンの効き方ですが、年齢と共に変わると思います。
>男性と女性だけでも違うと思いますし。
>ホルモンの出方もかなり違うと思うので。

確かに。(・・)
生理とかホルモン関係で乱高下しますします(笑)
ほんとに、色々原因や体調や人それぞれで単位数や治療方も違ってくるから、この病気ほんとやっかいですね( ̄3 ̄;)ブー

>「食べないと打てない」との強迫観念からか?胃腸障害をきたしてます^^;

これって、自分の食べるものや食事の量に合わせてインスリンを調整するんじゃなくて、インスリンに合わせて食べるものや量を調整しちゃってるんですよね。
すっごく分かります(涙)
お腹いっぱいなのに、これじゃ少なすぎるからもうちょっと食べないと・・・とか逆もあったりして、無理しちゃう事もありますもんねー(TT)


>りりママさん

初コメントありがとうございます(*^^*)うれしいです~★

お子さん、この夏に発症されたばかりなんですね(><)
りりママさん本人が患者さんならお子さんの病気の感覚がつかみやすいのかもしれませんが、初めてでしかも自分とは違う我が子の調整をしていくのは、本当に大変だと思います。(TT)

でも、早く分かったことは、本当によかったと思いますよ。
合併症が出てきて初めて知ったと言う人も本当に少なくありませんから。。。

お子さんがものがしっかり言えたり、自分で注射が打てるような歳になるまでは、りりママさんの感覚が全てになってくると思うので、焦らず、少しずつでいいので頑張ってくださいね。

私は、病気になった本人よりも、その親や周りの近しい人間の方が辛さは大きいんじゃないかと思っているんです。
「変わってあげたい」と思う気持ちは、もうすでにりりママさんがお子さんと一緒に同じ病気になっているという事だと思います。
だから、自分の病気でもあるんだと思って、一緒に治療していってください(^^)

低血糖はこれから何度も経験していく避けて通れないことだと思います。(><)
りりママさんがパニックにならずに、できるだけ冷静な対応ができるよう、今のうちから、色んな情報を集めておくことをオススメします。

たくさんのりりママさんと同じ境遇のお母さん達が、お子さんを立派に育てていますよ。だから大丈夫です。
少しづつ感覚をつかんで、頑張っていきましょう(^^)Ω
No title
管理人様

突然の書き込み失礼します、最近糖質制限食や自然科学など
を中心に扱うブログを立ち上げたgiga8plusと申します。

お若く規則正しい生活をされていらした割に
1型糖尿病を発症されたとの事ですが、
私もアルコールや喫煙は一切せずに神経疾患や心臓病など
別の病気で命を落としかけていた身ですので強く同情します。


同時に、いざ発症されるとたった茶碗1杯の糖質で
インスリンをそこまで打つ事にあまりに驚かされました。

江部康二医師やアントニオ猪木氏の例もありますが、
砂糖やパンに限らず米やソバが健康志向の代表にされている常識はもう完全に捨てるべきでしょうね、、、、。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。