スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今回の受診結果です。

HbA1c: 5.7%
総-コレステロール : 237
HDL-コレステロール: 81
LDL-コレステロール: 154
血圧: 84/50

やっぱLDL高い。。。

A1cは前回よりも0.5%下がっていました。
これは時効型の単位数を増やしたからだと思います。
秋になって涼しくなってきたのでまた単位数をもとに戻したんです。
夏に血糖値が下がりやすいので(低血糖を避けるため)夏場はわざとレベミルの単位数を減らしていました。

A1cは今回なかなかよい数値。


病院が終わって旦那に結果を報告。
その時、ふと旦那が私に質問してきました。
夫:「A1cってそもそも何の値?血糖値とは単位が違うよな?パーセントって何の割合なん?」
私:「・・・。わからん(笑)」

恥ずかしながら、私、8年も病気をしてて、HbA1cのそのそもの意味を分かっていませんでした。
漠然と知っていたのは、
・HbA1cは1~2ヶ月前の血糖値の平均を表したもの
・正常値は、4.7~6.2%で、6.5%以上であればほぼ糖尿病型
ということくらいです。

簡単な説明くらいはできるようにしておきたいなぁ…
ということで、少し調べてお勉強。


血液の赤血球に含まれているタンパク質をヘモグロビン(Hb)と言います。
このヘモグロビン(Hb)は、血液中のブドウ糖と結合するという性質を持っており、
そのブドウ糖と結合した物の一部分が、HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)と呼ばれています。

ヘモグロビンは赤血球の中に大量に存在する蛋白で、身体の全体に酸素を運ぶ役目をしています。
赤血球の寿命はおよそ120日(4ヶ月)と言われており、赤血球はこの間ずっと体を巡り、血管内のブドウ糖と少しずつ結びつきます。

血液の中に余分のブドウ糖があって高血糖状態が長く続くと、ヘモグロビンとブドウ糖は、どんどん結合していきます。
つまり、血液検査の結果、このグリコヘモグロビン(HbA1c)の値が高ければ高いほど、余分なブドウ糖が血液中にたくさんあり、ヘモグロビンと結合しているという訳です。

HbA1c値は、赤血球の寿命の半分くらいにあたる時期の血糖値の平均を反映します。
なので血液検査の結果は、その日から1~2ヶ月前の血糖の状態を推定できることになります。


ふ~む。
HbA1cの表示「%」は、へモグロビンに結合したブドウ糖の割合、ということだったんですねぇ・・・。

またひとつお勉強いたしました。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中

1クリックしていただけるととってもうれしいです!
        
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
------------------------------------------------------

受診日 | コメント:(3) | トラックバック:(0)
コメント:
なんかすっかり秋ですね。。。
こんにちはv-34
検査お疲れ様です!
結果良好、おめでとうございまーすv-82

私も昨日、行って参りましたですよ。。。
A1c 5.6%(前回5.7)
今回、先生が喜んでくれたのは、ケトン値が”0”だったことv-81
ずーっと、+2~+1で、先生が「これだけが気になる」って言ってたの。
でも、それがなんだかさっぱり分からず、聞いても「まあ、言ってみれば
飢餓状態を表す」とか@@
糖質制限と関係してるのかな?

私的には朝の血糖値に120台が混ざるのが嫌なんだけど、先生的には「これ
くらいなら全然OK」と言われました。

専門家の視点と素人目線って違うのですり合わせが難しいですね。
No title
maruさん、こんばんは☆

検査お疲れ様です。
そして、良好結果おめでとうございます!

ペニーさんもmaruさんも、A1cの数値良すぎです(笑)
私の通院先の血液検査は毎回5本採血します。
当然、診察代は高いです。
こんなに毎回検査必要なのかなぁ?とふと疑問が
よぎるんですけどね。

A1cにしても、日々数回自己測定をしている1型患者は
必要ないのではないか?と思ったりします。
自己測定で大体のA1c想像できますよね?

海外では毎月とか検査しないみたいですよ。
半年に1回位で十分ではないでしょうか?

あ、基礎をランタスからトレシーバにお試し変更中です。
ランタスは酸性なので時々沁みて痛かったけど、トレシーバは
沁みないのでいい感じです。


No title
>ペニー・レインさん

こんにちは〜ペニーさん(^O^)

A1c5.6、いい数値ですね〜(^^)

ケトン体は、血液中に糖がなく、糖の代わりに体内の脂肪が分解されたものです。
それが糖の代わりにエネルギーとして使われます。
身を削っているわけなので、言わゆる「飢餓状態」なんでしょうね。
ちなみに、ケトン体が増加している状態を「ケトーシス(ケトン症)」、さらにひどい状態が「ケトアシドーシス」と言いますよ(^^)

ストレスでケトン体が増えることもあるので、気をつけてくださいね(´・_・`)


>はるさん

こんにちは〜はるさん(*^^*)

毎回5本だと、きっとはるさんの病院は検査項目多いんでしょうね。
でも、血液検査は10項目以上は点数加算にならないはずなので、検査料は10項目でも15項目でも同じはずですよ。なのでその点は安心してください(^^)
1型の人の検査は10項目は越える人がほとんどみたいです。なので、詳しく検査してもらえてるので逆に得してますよ(*^^*)

長年病気を患っている人や、どうしても管理が難しくなっている人などは、毎月の診察が必要になると思います。あとは、A1cはきちんと管理が出来ていても、他の検査項目で合併症が発症してしまったり、進行する可能性もあるので、定期的に通わせるようにしているんでしょうねー。
ただ、はるさんのように自己管理が出来ている人は、2・3ヶ月に一回、もしかしたら半年の診察でもいいかもしれませんね(^ω^)
一度主治医に相談してみてはどうですか??
私も毎月はちょっとしんどいので、今は2ヶ月に一回のペースにしてもらってます。
一度3ヶ月に一回も試しにしたんですが、それだと少し他の検査が不安だったので2ヶ月に戻してもらいました( ´ ▽ ` )ノ

トレシーバ使い初めてるんですね〜♬
聞いてると、なんだか良さそうですね(^^)
また経過報告してくださいね★





管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。