スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

注射の打つ部位と方法。

2011/10/25 Tue 16:48

みなさん注射はどこの部位にしてるんですかね
私はお腹に刺すことが多いです。

皮下注射なので脂肪が比較的多い部位(腕、おしり、太もも)もOKなので
一度どんな感じなんだろう?と思い、試してみました。

すると、腕(上腕)はお腹よりもインスリンの効きが少し遅く、太ももはさらに遅い感じがしました。
おしりは遅い上に効きも悪いような気がしました。
しかも打ちにくい(笑)

結果的には
お腹>腕(上腕)>太もも>おしり
てな具合です。

調べてみると、体温が高い部位ほどインスリンの吸収が早くなるみたいです。
だからお腹は効き目が早いのかも。

お腹の打つ場所を同じところにしてると、その部分が硬くなってきてちょっと膨らんだりします。
毎回打つ場所をずらすように気をつけてはいますが、やっぱりちょっとぷっくら。
もしかしたらただ太ってるだけなのかもー(笑)。
なんにせよ水着は絶対着れないな(笑)、と思いながら毎回打ってます。


あと、注射の仕方で注意した方がいい打ち方をこの前聞いたのでそれをちょっとご紹介。

注射を打つとき、よくお腹の肉をひっぱって打ちませんか
私は引っ張ったほうが脂肪が集まって痛くなさそう、ってイメージがありました。
痛点に刺しちゃうとかなり痛いですからねー
でも引っ張り過ぎはよくないみたいです。

インスリンは皮下注射するものですが、どうやら引っ張りすぎると筋肉注射してしまう可能性があるようです。
(わかりやすく絵を描いてみました
注射
①が正しい皮下注射の図
②は引っ張りすぎて筋肉注射してしまう図

ちょっとつまむくらいがベストみたいですよ。


------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへブログランキング
注射 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。