スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

自分の主治医は自分

2013/07/31 Wed 20:55

1型糖尿病のみなさんは、自分なりに色々と工夫してインスリンの単位数を調整されているようですね。
色々と勉強させていただいています。

私の場合、この時期、他と比べて低血糖が起こりやすいみたいです。
夏初めには、2日連続で夜中に軽い低血糖になりました。
心臓の鼓動が速い速い。汗もかいてるし、頭がだるくて若干の振えも。
寝ていても危ない時はちゃんと起きるんですね。
人間の体ってほんとすごいと思います。

なので最近は時効型インスリンの量を減らすようにして、寝る前ではなく起床時と夕食前の2回に分けて打つようにしています。
夜中の低血糖が気になる時は、夕食前のインスリンは減らすか打たないことも。
で、起きた時に数値を見て少し高くなっていれば追加打ち、みたいな。。。

以前は朝、昼、晩を何単位ずつ、寝る前に何単位、と先生に言われたからその通りにやってた時期もあるけど、何年もこの病気をしてると、自分の体の調子を見て注射の量を調整する必要があると思わざるを得ないというか。。。
今では調整して変えた単位数を主治医に報告するようにしています。
(2型糖尿病になると話はまた別です。1型糖尿病の場合のみ。)

体調やその日の時間帯、食べる内容、その時々の季節など、必要なインスリン量は多少なりとも日々変わりますからね。
主治医と言えども、私自身の体の状態を全て分かるはずはありません。
そんな人いたら逆にすごいです。

「主治医に言われた注射の量を勝手に変えてもいいの?」
と言われたことがあるんですが、この病気と生きていくなら、それはやっぱり必要だと思います。
先生の言う事を聞かない、というのとはまた違います。
ただ、「人任せ」だと、この病気はよくなることはないと思うんです。
(「よくなる」じゃなくて「維持していけない」の間違いですね。)

自分の主治医は自分。
で、その次の主治医が病院の先生。

イメージ的にはそんな感じです。(笑)

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ

一型糖尿病について | コメント:(3) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
主治医は自分。その通りだと思います。

ツイッターで主治医の言う通り固定で打ってる子がいて
毎食後30~40台の低血糖を起こしてる子がいました。
フォロワーのみんなが「それはおかしい!」ってその子に伝え
主治医にすぐ連絡取って減らして貰った方がよいとのこと。
食事も表1を180g取るように指示されていたみたいです。

フォロワーさんも「自分の主治医は自分」と言ってました。
私は発症してまだ半年ですが、単位は自分で変更して、
主治医には診察時に事後報告してます。

中には主治医に報告してない人もいるみたいですけどね^^;
>はるさん
こんにちは〜はるさん★( ´ ▽ ` )ノ

ツイッターの人、フォロワーさん達から色々アドバイスもらえてほんと良かったですね(・・;)
180gだと、結構多いし調整難しそうだなぁ。。。
食べちゃいけない訳じゃないけど、低血糖とか頻繁に起こしてるようなら、色々と見直す必要性ありますよね。。。
単位数や糖質の量をかえるのはもちろんですが、180gを維持させたいなら、分食をちょっと考えた方がいいかもですね(・・;)

情報不足で、色々知らずにそのまま治療を受けていて、さらに悪化する人が多くいます。
自分で調べるのも限界があるし、環境によってはそれが無理な人もいます。
個人的な意見ですが、病院側でも、もう少しそのへんをきちんとフォローしていただきたいものです!o(`ω´ )o

「主治医は自分」ホントその通りです!!

私の弟は持病はないものの、昔から病は気からを悪い意味で地で行くタイプwちょっとした微熱でも大袈裟にとらえて、フラフラフラ~っと、「俺、病気~(*_*)」みたいなwホント、日本男児の恥なぐらいです(笑)
そして、ちょっとした風邪でも仕事を休み、すぐに医者にかかります。(まぁ、それはそれで良いのだけど。)
反面、医者にかかって安心してしまうのか、日頃の生活をほんの少しでも気を付けてみたり…改善しようとはしないんですよね(^^;見ていて「???」な感じです。
そんな弟につい先日「病気を治すのはお医者さんじゃなくて自分自身だよ(怒)」と言ったところです。(^^;(^^;

私自身のこの病気を治すことは出来ないけれど、良い状態を維持し、何より、気持ちが病気に負けないためにも、お医者さんの知恵だったり技術、意見を借りながらも、やっぱり自分自身で舵を取って、納得のできる闘病生活をしていきたいものです。闘病生活だなんて大袈裟ですね(笑)
病気だけでなく、人生全て、やっぱり自分自身が納得のいく選択をしていきたいし、どんなことでも、どんな状況でも自分で切り拓らいていきたいです。

maruさんの記事を読んで、更に気持ちが強くなりました♪
あたし、絶対負けないっ!!負ける気がしないっっ!!v( ̄∀+ ̄)(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。