スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
冷蔵庫から取り出した使い始めのインスリン。
注入する液体がひんやり感じたりします。

冷たいインスリンと常温のインスリン・・・効き目は一緒なのかな??

という訳で少しだけ調べてみました。

未使用のインスリンは、普段冷蔵庫に保管するようにと言われています。
それはなぜなんでしょうか?


インスリンはたんぱく質でできています。
たんぱく質は極端な温度変化に弱く、インスリンの場合、37度付近から急速に変性が進むのだそうです。

グラフにするとこんな感じ。
1.jpg

また、インスリンは、温度だけではなく光にも弱いため、直射日光下に長い間放置することも変性する要因の一つだと言われています。(光によりインスリンの含量が低下)

逆に、凍ってしまうくらい低すぎる温度もいけません。
一度凍結すると、溶けてもインスリンの結晶が変化したり注入器が故障したりする可能性があります。
チルド室や冷気の吹き出し口は、冷蔵庫といっても温度は0℃以下になることがあるので、この場所は注意が必要です。

未使用のインスリン使用時に

・カートリッジ内に小豆より大きな空気(気泡)がある
・注入ボタンが重くて押せない(いつもより重い)
・カートリッジのガラスにヒビが入ったり、ゴム栓が膨張・破裂している
・懸濁製剤の沈殿がいつもより速い

上のような現象が起こっている場合は、一度凍らせてしまったインスリンかもしれません。
凍っていたかも…という心当たりがある場合は、使用をやめた方がいいと思います。

また、開封後のインスリンは冷蔵庫などで保管しない方がよいと言われています。(但し、バイアル製剤の場合は冷蔵庫保管)
・冷たいインスリンを注入することによる痛み
・結露による注入器の不具合
を避けるためなのだそうです。

冷たくて痛い時があるんだね~。知らなかった。


にしても、これから気温が高くなる夏は、注意が必要ですね。
外出の際、インスリンを車内や家の窓際に長時間放置しない
旅先(特に熱帯や亜熱帯地域の海外旅行)ではできるだけ衣服の下など皮膚に近い状態で携帯する
など、特に気をつけたいところです。

◆高温環境下でのインスリンの保管方法◆
ケースに入れたインスリン製剤を、タオルで包んだ保冷剤とともに
保冷バックに入れて密閉し、ドライブの際などは自動車の後部座席下に保管する。
(朝から夕方までの半日くらい(8~9時間)の持ち運びに便利)
※保冷剤(凍らせたもの)は結露を発生させる為、必ずタオルに包んで使用する

とありました。

ちなみに、高温・直射日光下に置いてしまった場合のインスリンの見分け方は
・懸濁製剤(白濁の製剤)が透明・半透明になっている
・透明な製剤が白く濁っている
・カートリッジ内に空気(気泡)がある
ということです。

普段、注射内に空気が入っていることは私もよくあったりするので、これだけの現象の場合、参考にならないかもですね。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ

注射 | コメント:(5) | トラックバック:(0)
コメント:
冬は・・・
こんばんは、maruさん。

インスリンの保管は難しいですね。
此方では、一番安全なのはやっぱり冷蔵庫ですかねぇ・・・
でも、使用中の物は出しっぱなしですけどね。

此方では気温変化が激しく、夏は35℃で冬は氷点下にも成ります。
去年の冬なんかは冷蔵庫の方が暖かい時がありました。
成るべく変化の少ない所に置いていますがヒヤヒヤもんでしたよ。
幸い白濁とか変化も無く使用出来ましたけど、大量使用なので変化前に使い終わってるのかな?

私は、冷蔵庫のインスリンの保管は100均で買ったプラケースに入れてます。
開け閉め時の温度変化に影響少なくなるので良いですよ、それに保管場所も一目で判るので便利です。
あと、沢山在る時はバラバラに成らずに済みますよ。

冬と言えば、血糖値の測定器も人肌で暖めてからの方が電池の持ちが違いますよ。
多分、測定も安定するかも。

此方では果物シーズンが始まります。
危険なシーズン到来です(笑)
果物の中で「さくらんぼ」が一番血糖値を上げにくいらしいので、大量に食べてます。
みんな貰い物ですので、とても満足してます。
No title
maruさん、こんばんは☆

夏はインスリンの持ち歩き、気になります~~。
ノボの製薬会社から病院などに簡易温度計を配布してるみたいです。
この前、2ヶ月ぶりの1型診察だったので、主治医に聞いてみたところ
「うちの病院は大きいから、色んな製薬会社を入れてるから
そういうのは貰えないんだ。」って。

う~~~ん、母が以前病院内の清掃業者に入ってまして
医者が製薬会社から貰うノベルティを家に沢山持ち帰ってました。
病院内に沢山あるからみんな捨てちゃうみたいです。
「欲しかったら持って帰っていいよ。」って。
で、うちの母は筆記用具やカレンダー等、沢山持って帰って来てました。
全て医薬品の名前が入ってますが(笑)

私の通院先は、患者とかなり距離を置く病院のようです。
シックデイでも主治医に直接連絡をとれません。
これって普通ですか?

チップも保険適用の120枚/月しか絶対出せないと言われ
平均4回/日しか測れません。
シックデイがあったり、低血糖かも?って時に沢山使うと
足りなくなるんですよね~。
それに、自然災害時のために予備は欲しいところです。

1型が多い病院に変わるべきが悩み中です。
はるさんへ
こんばんは、はるさん

主治医の対応に?つきますねぇ・・・
病院としては色んな製薬会社と契約しているのは事実だと思いますが、主治医がひいきにしている製薬会社が違うとその様な対応に成ると思います。

私の病院は結構自由で、チップとか針は月の1.5倍位貰えますよ。
一時、在庫が3か月分位に成り調整して今は多くて2ヶ月に抑えてます。

私の病院は発作時や具合悪い時は電話で連絡すると主治医に連絡付けば繋いでくれますよ。
発病初期は色々お世話に成りましたね。

此れから暑くなると、インスリンの効きが早くなるので低血糖に成り易くなります。
それに、熱中症と低血糖は非常に症状が似ているので対応を間違うと大変なので注意ですよ。

私の病院は、地元の大学病院です。
薬の実験(治験)等もされますが、それで楽に成るならと思い気にしてません。

もう主治医が信用出来ないのなら、他の病院探すのも良いと思います。
ただ、前にmaruさんが書いてたように個人病院より大学病院クラスの大きい方が良いと思いますよ。

そうそう、製薬会社のノベルティグッズのボールペン書きやすいですよねぇ・・・
市販の物とチョット違う感じでした。
知り合いの病院関係者に貰った時良い物使ってるなぁと思いました。
No title
>ドテチンさん

こんばんは~ドテチンさん☆(^^)

>此方では気温変化が激しく、夏は35℃で冬は氷点下にも成ります。

ドテチンさん、ほんとすごいところに住んでらっしゃるんですね!暑くて寒いだなんで(笑)
それだと注射の保管もよけい神経使いますよね(><)

>冬と言えば、血糖値の測定器も人肌で暖めてからの方が電池の持ちが違いますよ。
>多分、測定も安定するかも。

へ~!知らなかったです(◎◎*)初めて聞きました。電池って冷えすぎると消費が早いんですね。
温度によって測定結果が変わるのも確かにあるかもしれないですね(・・)なるほど。

危険なシーズン!(笑)
前もおっしゃってましたよね、確か(^▽^)
ドテチンさんの住んでるところは果物がほんと美味しそう。羨ましいです!
さくらんぼ・・・おいしいですよね~。。。(>~<*)じゅるり
食べたくなってきた(笑)


>はるさん

こんばんは★はるさん(・▽・)ノ

>私の通院先は、患者とかなり距離を置く病院のようです。
>シックデイでも主治医に直接連絡をとれません。

私もドテチンさんの言うように、ちょっと?って感じがします。
大きい病院なので直接はなかなか連絡がとりにくい、って言うのも分かるんですが、それでも緊急時や困った時などはケアが絶対必要だと思うんですが。
私も主治医や方針自体が合わなくて病院をかえたこと何回かありますよ。
それでもなかなかぴったり自分に合った先生を見つけることは難しいですけどね(^^;)

私も前に病院側にチップを多めにもらえるように言ったことがあるんですけど、同じように制限があると言われちゃいました。
処方できる数は病院によってまちまちで、それもおかしな話だと思いますけどね。
チップ制限があるところは、本当の一型糖尿病を理解した医師がいないんじゃないかと思うほどです。。。
だって、制限は法律で決まっている訳じゃなく、あくまで一方的に病院や医師が上限を設けているだけなんですから。。。(--;)

もし今の病院がはるさんに合わないようだったら、一度試しに他の病院をみにいって行ってみるのもいいかもしれませんよ。
納得して治療を続けていきたいですし、病院はこれからもずーっと通い続けるところですからね。
No title
ドテチンさん、maruさんへ

疑問に対する回答をありがとうございます。

チップについては、120枚と言うのは保険が効く範囲の上限のようです。
それ以上出す場合、病院側が損をするだけみたいですね。
ポンプを扱ってる病院なら沢山出すと思います。
ポンプの方は7回/日測定のようなので。

私の通院先は、シックデイとか単位で悩んだとき、とりあえず病院に電話します。
そこから主治医に連絡を取ってくれて、指示をくれる時もあります。
が、主治医は忙しい方のようで、なかなかつかまらないんですね~^^;

あ、この前の診察で転院の話もしたせいか?次回の診察は1ヶ月半後
なんですけど、チップは2ヶ月分出してくれました。
超速攻をラピッドからログに変えたってこともあるかもしれませんが。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。