スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

高い医療費。

2011/10/24 Mon 13:58

うちの家計では医療費が結構な割合を占めてます。
糖尿病科だけでなく婦人科、眼科も受診しているせいもあって
月に平均3~3.5万円、多い月で6万円にもなります。

ほかの危険因子や合併症の有無によってそれぞれの医療費は大きく違いますが
インスリン療法をしている糖尿病患者さんで言えば、
一ヶ月の自己負担額は1~1.5万円が最も多いようです。(2005年度糖尿病ネットワークアンケート結果より)
年間12~18万円は最低支払ってると言うことになります。
これは結構な額だと思います。

糖尿病患者数は1型、2型合わせて全国に237万人、予備軍も入れると2200万人もいると言われています。
糖尿病患者が国に支払っている医療費は合併症を含めると1.9兆円にもなります。

一型糖尿病は治る病気という訳ではありません。
一生付き合っていかなければならない病気です。
それなのに糖尿病には医療補助がありません。
どうしてなんだろう?とずっと疑問に思っていました。

糖尿病患者の医療費を保証してしまうと大きな額なだけに国自体が大変になってしまうからでしょうか。
その他の病気にも言えることだし、色々と問題があるからなんだろうなぁ・・・と思うしかないのですが。
それでも細かい基準を設けるとか、何かしら対策はあると思うんだけど。

せめて医療費の控除だけでも・・・!と思い確定申告はするようにはしています。
年間にかかる(家族全員の)医療費が10万円を超える場合、控除が受けられます。
病院までの交通費や、薬局で買った薬代等もそれに含まれるので
年間の医療費が高くなりそうな人はメモなどを残しておいた方がいいと思います。

そんなに大きな額が返ってくる訳ではありませんが
申告は過去5年間までさかのぼってできるので領収書が残っていれば申告をした方が絶対いいです。
毎年するのが面倒なら何年分か後でまとめて申告するのがいいと思います。

と言った具合に、糖尿病の医療費負担はこれが現状です。
この先もきっと補助扱いはされないんだろうなぁ・・・とちょっと諦めモード。

-------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへブログランキング
病院・医療・医療費 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。