スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
運動をすれば、血糖値は下がりますが、時と場合によってそれが変わってくることがあります。

私の場合、起床してすぐ後の朝食前の運動です。


テレビや雑誌、書籍などで、「ダイエットでウォーキングやランニングをするなら朝で、それも朝食前が効果的」
というのをよく耳にします。

運動をすると、体は体内の糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼します。
最初は脂肪よりも糖質の方が多く消費されますが、食前では体内の糖質が減っている状態なので、
代わりに脂肪をエネルギー源として燃焼しやすくなるからです。

私は、朝は特にインスリン抵抗性が高く、血糖値が上がりやすい体質なので、食後にできるだけ30~40分のウォーキングをするよう心がけています。
それをすると、朝の血糖値が比較的安定し、インスリンを多く打って対処するよりも値が調整しやすいのです。

そんな感じで、いつもは朝食後にしているウォーキングですが、
最近、旦那が体脂肪が増えてきていて、ダイエットのために一緒にウォーキングをすると言うので、
試しに朝食前の空腹の状態でウォーキングをすると、血糖値はどうなるんだろうと思い、やってみることにしました。


ウォーキング開始前の起床時の血糖値は(98)でした。

結果、ウォーキング40分後、血糖値は(112)と少し高くなっていました。
(ちなみに食後だと、開始前(160)→ウォーキング後(90)のように、大きく血糖値は下がります)

運動をすると下がりそうな血糖値が逆に上がっています。
何も食べていないのに血糖値が上がるのはどうしてなのでしょう?

原因として考えたのは、やっぱり「脂肪燃焼」。
脂肪を燃やして作りだされたエネルギーが血液中に出てきて、それが血糖値にあらわれているんだと予想しました。

という訳で、そのことについて早速調べてみました。

運動などで体温が上昇し、血糖値が下がると脂肪細胞からエネルギーを取り出して血糖値を安定させようとするホルモンであるグルカゴンが分泌されます。
このグルカゴンから指令を受け、脂肪分解酵素であるリパーゼによって体脂肪が脂肪酸とグリセリンに分解され、血液中に溶け出して、筋肉に運ばれて運動エネルギーとして消費されます。こうして体脂肪が燃焼されていくのです。
(ネット調べ)

上の青い文字の箇所、注目です。やっぱり血液中に何かしら出てきているようです(笑)
「グリセリン」には甘みがあるので、これが血糖値を上げる原因のひとつ?

正常人だと、血糖値が上昇すればそれに合ったインスリンが分泌されて血糖値をもとに戻しますが、糖尿人だとこれが出遅れ、また、基礎インスリンが枯渇してしまっている一型の場合だとこれが全く出ない状況なので、私のように血糖値は上がってします。

ただ、もうひとつ、血糖値が上がってしまった原因で考えられることは、就寝後8~10時間で血糖値が上昇する「暁現象」の可能性です。

-暁現象とは-
ヒト成長ホルモンなど、体内時計に基いて早朝時に活発に分泌される各種ホルモンの影響によるもので、早朝の睡眠中(あるいは起床時間前)・空腹時の時間帯に生じる特異的な血糖値の上昇のことを言います

暁現象は完全に解明されているわけではありませんが、肝臓が早朝には、他の時間帯以上に、血液中に循環しているインスリンを不活化させるとういう説があるようです。
そのため肝臓の糖新生が高まり、血糖値が上昇したんだと思います。

-糖新生とは-
体内がエネルギー不足(血中の糖が少なくなった)とき、筋肉を分解し肝臓でグリコーゲン以外のものからグルコースを合成しエネルギーを作り出す現象


しかし、上のような「暁現象」が血糖値上昇の原因だとすると、運動をしようがしよまいが関係なく血糖値は上がることになります。
この場合を調べるには、起床時の血糖値を測り、その後食事や運動をせずに30~40分後にもう一度血糖値を測定し、それで値が上昇しているかどうかを調べる必要がありそうです。


原因はこの二つの予想止まりですが、とりあえず今回のことで「朝食前の運動は血糖値を上げる」ということは分かりました。(あくまで私の場合ですが)

上がってしまった血糖値は慌てるほどの大きな値ではないですが、そのことを分かっているのと分かっていないのとでコントロールの仕方が違ってくると思いました。

健常者のダイエットを考えるなら朝食前の運動がいいのだろうけど、糖尿人のように血糖コントロールを第一に考えるとなると、朝食前の運動は逆効果になる場合がありそうですね。


------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ


運動 | コメント:(5) | トラックバック:(0)
コメント:
ふむむ
レポートお疲れ様です!

ふーむ。。。人間の体とはなんと複雑にできているのでしょうか!!

私も朝が一番、インスリンが効きにくいんです。
でも、食べてすぐ出勤なので、ガシガシ歩いて”運動”にしてます。
それが、夕方、すきっ腹で退社して、家に着いてもさほど下がって
いない(ちょっと上がっている)のは、グルカゴン君の暗躍による
ものだったんですね@@
分かって付き合ったら、結構、頼りになるヤツですね(笑)

ところで、maruさん、季節変動はどうですか?
私は夏の間は、食後、家の階段の昇降15回とかやってましたが、
秋以降はほとんどなし。夏の方がインスリンの効き具合が悪い
のかと・・・。
>ペニーレインさん
おはようございます~ペニーさん(^O^)/
今日は三連休最後の日曜日。
雲一つない青空が広がっていて、千葉はとってもいい天気です~☆

通勤の時間が運動の代わりになってるのは都合がいいですね(*☻-☻*)
帰りの退社後の値も
>さほど下がっていない(ちょっと上がっている)
てことは、今回の私と同じような事になっているんですね。(ちなみに健常者(旦那)の血糖値は運動前も後も完璧な数値でした。当たり前なんだけどなんだかすごい…!(笑))

にしてもお互い朝はどうしてこうもインスリンが効きにくいんでしょうね~。やりにくいったらありゃしない(T ^ T)しくしく

>夏の間は、食後、家の階段の昇降15回とかやってましたが、 秋以降はほとんどなし。夏の方がインスリンの効き具合が悪いのかと・・・。

おお!
私は逆で、毎年夏が効きやすくて冬が効きにくいです。
基本、代謝が悪い方なので冬は運動しない限り特に汗もかいてくれません(^_^;)
なので、冬+生理前(排卵後)なんて時には基礎インスリン、追加インスリンともに通常より1単位~2単位多く打ったりしますよ~。
季節の変わり目は特に変動するので厄介です…。

その点、ペニーさんは夏の方が効きにくいんですね。
やっぱり人によってそれぞれなんですね~( ´ ▽ ` )
これから寒くなってくる冬の時期はペニーさんの場合、効きやすさはどうなってくるんでしょうか。。
ちょっと興味深々(*☻-☻*)
おはようございます。
きちんと運動されてるんですね。
見習わないと。入院中はリハビリなどで食後運動と言われてたので、前の運動が良いと今知りました。
ところで、血糖値の差ですが、測定器って誤差結構ありません?
運動などしなくて2回測ったりすると98が115とかなったり指変えて測ると違うことも有りますね。
1型は運動してもインスリン自体がほとんど出てないから食事のカロリー消費はしそうな感じではありますが(^_^)
どちらにせよ、運動はいいですよね!


同じく^^
私も朝の血糖値が高めです~そして予測しずらいです
前日の食事内容や生活リズムが同じでも本当にバラツキがあってv-361です
No title
>いちさん
いちさん、おはようございます~( ´ ▽ ` )ノ

灯台下暗しでした!( ̄◇ ̄;)
確かに測定器、誤差ってありますよね…。なぜにそれがまず思い浮かばなかったのか…!(´Д` )
とゆわけで、また同じように歩いてみて、二回程測って値を比べてみようと思います( ´ ▽ ` )ノありがとうございました~★


>クープーさん
おはようございますクープーさん(^O^)/

クープーさんも朝は高めなんですね。
やっぱりみなさん多いようですね…
こればっかりは、自分の血糖値のだいたいの上がり方を、慣れで掴んでいくしかありませんよね~(^_^;)
朝は食パン一枚でも食べるのがなかなか難しいです(T ^ T)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。