スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
行ってきました、セカンドオピニオン。

15時半に予約していたのでその時間に行きました。
病院はとてもきれいで、受付の人は事務というよりむしろコンシェルジュのよう。
対応も丁寧で、専門のクリニックだけあって、糖尿病患者さんへの対応も慣れた感じです。
お会計の際、インフルエンザの予防接種の案内を一人一人に聞いていました。

(もうそんな時期かぁ。。。私の病院だと、予防接種の案内なんてしてもらえないなぁ。。。)
なんて思いながら、待つこと1時間。

その間、待合いスペースには入れ替わり立ち替わり、常時5人くらいの人がいました。
だいたいが年配の方でした。

名前を呼ばれてさらに診察室の前で待つこと20分。

診察を受ける先生は、糖尿病の専門書を出版されている有名な人です。
忙しそうだし、どれくらい話をさせてもらえるんだろう・・・とちょっとドキドキ。

「maruさ~ん、お待たせしました、どうぞ~」
と呼ばれたので、ちょっと緊張しながら診察室へ。

診察室もこれまたきれいで、病院というよりはスタイリッシュなオフィスでした。
はじめましてのあいさつをした後、イスに座ってから早速先生から一言。
「病気のことは聞きません。まずはあなたが聞きたいことをどうぞ。」

いきなりすぎて、何を言ったらいいか分かりません。
一応、聞きたいことをメモで用意もしましたが、色々あって何から言えばいいのか。。。
とりあえず、
糖尿病の専門医のお話が聞いてみたかったことと、
先生の書かれた本の中に、A1cが良くても合併症が進むことがある、といった内容があったのでそのこと、
自分の治療の仕方は今のままで合っているのか、
コレステロールがなかなか下がらずいつも高いこと、
父のA1cが下がらないのでその原因と考えられること、透析のこと、
など、しどろもどろに話をしました。
細かく言うとまだあるんだけど、いきなりたくさん聞くのもなんだかなぁ…と言うことで、とりあえずは。

私の質問に色々と答えてくれましたが、先生はなかなかの早口。
テンポ良くポンポンと話をされる方で、ゆっくりペースの私には話についていくのがやっと。


以下、先生からのお言葉。

あなたの通っている病院も知ってますよ。先生も知ってます。
私立の大学病院は・・・(この後ちょっとしたプチ問題発言もあるので以下省略(笑))

コレステロール値が高いのはあなたの場合体質でしょう。
コレステロールが高いと動脈硬化や心筋梗塞をまず心配しないといけないけど、もし心配なら
こうこうこういった検査があるから(パンフレットを見ながら)受けてみるといいです。
紹介する病院は天皇陛下もこの前受けられた心臓のスペシャリストがいるところですよ。
今はコレステロールを下げるいい薬もあるので、今後うちに来てもらったらそれも渡せるよ。

検査結果を見る限り、あなたの状態は大丈夫。完ぺき(親指立てながら)。おーけーおーけー。

今は医療が進歩して、失明はまず防げるし、透析もいい方法を教えてあげられます。
お父さん、通うまではいかないにしても、一度こちらの病院に来て下さい。色々とお教えしますから。
昨日は北海道から来た人、さっきの人は大阪から通ってますよ。

問題なのは、間違った治療をしてしている医者が世の中多いことです。
それで治るはずの病気も治らない。だからこそ専門医が必要なんです。
でも大切なのは、患者自身が病気について真剣に治そうと思うかどうか。
自分で調べて自分で治していく意思をより強くもつことで、必ず病気は良くなります。

今の時代、糖尿病でも平気です。人生笑って楽しく生きていきましょう。

などなど。

10〜15分くらい時間を取ってもらったでしょうか。
次に待っている患者さんもいるのでそろそろ終わる雰囲気。

最後に、先生からもう一言。
「ほんとうはセカンドオピニオンで来た人には2万くらいもらってるんだけど、
見た限り、アナタあまりお金持ってなさそうだし、先生の方が君よりちょっとだけお金持ちみたいだから、
せっかく遠いところここまで来てもらったし、少しまけておくね~(笑)」

私:「あ、ありがとうございますぅ~」(ちょっと複雑


そして、診察が終わってお会計。

受付の方:「maruさん、今日は980円ですね~。」
(え?!)
私:「な、何かの間違いじゃないですか?本当にこの金額なんでしょうか・・・?」
受付の方:「はい。先生がこれでいいとおっしゃっていますので(笑)」

まさかこんなに安くしていただけるとは思っていませんでした。
まけるといっても2、3千円とか、よくて5千円とかを想像していたのでかなりびっくり。
でも、医療費ですごくお金も使ってるし、正直助かりました。これは本当にありがたかったです。
貧乏でよかった~、って違うか。(笑)


今回のセカンドオピニオンを受けて思ったこと。

客観的に見て、専門医の方も一型でも二型でも、基本的には同じ指導の仕方、という印象を受けました。
わがままを言うと、もう少し一型についての特別な指導が欲しかったというのが本音です。
意見を聞く、といっても、短い時間の中では全てを聞く事は出来ない、ということ。(当り前か。
詳しく知りたいなら、やっぱり通うことが一番だと思います。
あとは、糖尿病の治療も日々進化していて、今まで不可能だったことも色々と可能になっているんだと知りました。
専門病院だからこそ、その辺の情報もいち早く手に入るんでしょうね。

結果、期待していた半分のことも聞けなかったけど、貴重な専門医の生の声を聞くことができました。
こんな機会でもないと、なかなか直接聞くことできませんしね。

でも、収穫は十分にありました。
主に、メンタルの面。
今までの自分のやってきている方法が間違っていないんだという再認識、
医療はどんどん進歩していて、今は想像以上のいい治療が受けられるということ、
糖尿病でも明るく楽しく生きられるという考え方になるのが大事だということ、
病気について貪欲でいるということ、常にアンテナを張って情報を自分で集めるということが大事、

最終的に病気を治すのは先生でなく自分なんだという意識を持つこと。


今回の私が受けたセカンドオピニオン、あまり参考にならなかったかもしれませんが、
興味を持たれた方は一度受けてみるのもありだと思います。
私は気持ちの面で、かなり晴れた部分がありましたので。
何だかんだ言って、気持ちって一番大事なところですもんね。
(期待させてしまったみなさん、ごめんなさい。しくしく)


あ、父にも早速報告せねば。
一度こっちに来て直接話をしてもらうのが一番いいのかもなぁ。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ


一型糖尿病について | コメント:(5) | トラックバック:(0)
コメント:
よかった!
こんばんは~♪

>おーけーおーけー。
よかったぁ、足を運んだかいがありましたね!
おとうさんのことも含めて、勇気づけられましたね。私も力が湧いてきました。

確かに、糖尿病は病気に向かう姿勢で、結果が全然違います。意志と努力で克服できる病気なんです。

それに・・・、iPS細胞という新たな希望が我々1型人に芽生えてきましたしね・・・ふふふ。

>A1cがよくても合併症
これって、平均値だからじゃないのかな?
極端に低血糖と高血糖を繰り返していると丸まっちゃいますよね。
やはり、こまめな測定に尽きると思います。
先生に嫌がられても、エクセル入力止めません(鼻息)
No title
>ペニーレインさん

おはようございます~。
今日は早起きして朝からウォーキングしましたぁ( ´ ▽ ` )ノ

セカンドオピニオン受けて良かったと思います。
治療はあまり無理をせず、色々と前向きに考えていこうと思えました。
何より先生から直接、「糖尿病でも楽しく幸せに生きていけます。今はそれが可能です。」と断言されたのが一番大きかったです。
患者にとっては心強いお言葉ですよね(^ ^)

>A1cがよくても合併症
A1cは確かに平均値でもありますもんね~(・・)
大事なのは安定した血糖値を継続することはもちろんですが、尿アルブミン検査を定期的に行うことが大事だとおっしゃっていました。A1cがよくても合併症が進んでいるケースはよくあるみたいです。
一型の患者さんはその辺は結構気にして見てる人が多いと思うので、この場合はもしかしたら二型さんに多いことなのかもしれませんね。

>エクセル入力止めません
その意気です~!!p(≧∇≦)q


はじめまして
はじめましてv-291 ブログランキングでお見かけしたので お邪魔してみました。私もふつう~の主婦でパン作りが好きですv-221
病歴は1年半の v-521ひよっこです 年齢はずーと上ですがe-279・・・やっと持病との付き合い方に慣れてきた所です。セカンドオピニオンを受けられて良かったですね e-376先生ちょっと笑えますけど
私の主治医はご自身が1型糖尿病(小児発症)で担当医の先生を尊敬して医師を目指したそうです。何かと細かい事にも的確に答えてくれるので本当に心強いです。
またお邪魔したいと思います 
お疲れ様ー
こんばんは、maruさん。

セカンドオピニオンお疲れ様でした。
いろいろ参考になりました。

どの様な病気でも、同じ様な治療をしていても、先生とフィーリングが合えば病気が良くなる様な気がしますね。
私達の病気は、ストレスがとても影響を受けます。
最後の砦の担当医に対するストレスが病気の最後の敵かなと思います。
今回のセカンドオピニオンの先生の治療(?)で気分が楽に成った様ならば合っているのかもしれませんね。

私は今回の診察で、目のレーザー手術の可能性を言われてしまいました。
病院は大学病院なので、眼科と内科医で検討してから決めたいとの事でした。
私の病状は、ウサイン・ボルトの様に進行しているようです・・・

今後のセカンドオピニオンの進行状況も宜しくお願いしますね。

でも、治療費、安!
No title
>クープーさん

はじめまして~(^^)訪問ありがとうございます★

>私の主治医はご自身が1型糖尿病(小児発症)で担当医の先生を尊敬して医師を目指したそうです。何かと細かい事にも的確に答えてくれるので本当に心強いです。

診てくださる先生が同じ病気というのは本当に心強いですね!!身をもって経験している分、患者さんの気持ちも体の状態も分かってくれると思いますし、誰よりも信頼できそう(^^*)
きっとご縁もあって、出会うべくして出会われたような気がします★

また気が向いたらいつでも覗きにきてください~。お待ちしておりますm(_ _*)m


>ドテチンさん

こんばんは~(^^)ノ

セカンドオピニオン、参考になったかどうかは分かりませんが、とりあえずご報告まで(^^;)

自分に合った先生と出会えるのって、そうないですし、なかなか難しいことですよねー(・・)

今まで何人かの先生に診てもらってきましたが、自分とフィーリングが合う方をあげるとしたら、やっぱり最初に診てもらった先生なのかなぁ。。。

今回の先生のご意見は参考にさせていただいて、とりあえずは今の病院にこれまで通り通おうと思います。専門病院は距離も遠いですしね(^^;)

>私は今回の診察で、目のレーザー手術の可能性を言われてしまいました。

ドテチンさん眼底出血あったんですか?!
父のレーザー最初の時は眼底出血してたので。。。(><)
昨日父にメールしたところ、新生毛細血管を焼き固めるんやからレーザー治療はやらないに越したことはないぞ!と言っていました。
適切な時期にレーザーでよく抑えることができれば、出血も長い間食い止められると思います。

心配なのでよかったらまた経過を教えてください。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。