スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

糖尿病と不妊治療(その1)

2012/09/14 Fri 17:42

はじめに。
糖尿病の人で、同じように不妊治療をされている方も大勢いいらっしゃると思います。
何かの参考にもなるかもしれないと思うので、私の治療内容をこのブログに詳しく書いていこうと思います。


私は生理が不順です。
今まで一度も一ヶ月に一度きちんときた試しがありません。
だいたい3カ月か4カ月に一度、早くて2カ月、半年来ないこともありました。
大学の頃に婦人科の先生に言われたのは、とくに病気ということではなく、ホルモンの出が悪いみたい、と言われていました。

30になっていつ生理が来るかも分からないし、このまま放っていおいても子供はできないだろうなぁと思い、千葉の婦人科を通うことに。
月に何回も病院に通うし、働きながら治療を続けることは難しかったので会社はきっぱり辞めました。

最初は生理をきちんと来させるだけの目的でしたが、普通には妊娠できない体なので、徐々に不妊治療を始めることに。

婦人科に通い始めてはや2年。
今までたくさん痛い検査やら注射やらをしてきました。
一度、検査の後、意識がなくなって倒れたこともありました。

色んな検査をした結果、私はどうやら「性腺刺激ホルモン分泌異常」と「多嚢胞性卵巣症候群」という病気なのだそうです。


- 性腺刺激ホルモン分泌異常とは -
脳の中枢神経の異常により、卵巣に指令が届かない状態です。
卵子を成熟させて排卵させるのは卵巣の仕事ですが、これらを指令しているのは脳です。
卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの2つを、性腺刺激ホルモンと呼び、脳からの指令を卵巣に伝える仕事をしているのが、この性腺刺激ホルモンです。
性腺刺激ホルモンは、間脳の視床下部から指令が送られて、 脳下垂体から分泌されます。
しかし、これらの中枢神経が正常に働かないと、 性腺刺激ホルモンが分泌されず、排卵が起こりません。
なぜこのようなことが起こるのかと言うと、ストレスや甲状腺機能障害や、極度の痩せや肥満が関係します。

- 多嚢胞性卵巣症候群とは -
卵胞がある程度の大きさまで成長はするものの、卵巣の皮膜が固くなり、排卵しづらくなる状態。
卵巣の中で卵胞は、ある程度大きくなっているのにも関わらず、成熟卵胞には満たないため、排卵が起こらない状態が続き、次第に卵巣の皮膜が固くなり、ますます排卵しづらくなる病気です。
原因ははっきりわかっていませんが、男性ホルモンや黄体化ホルモンの分泌が多く、卵巣の代謝が悪くなって起こると言われています。
毛深かったり、肥満タイプの人、初潮のときから生理不順が続いている人は要注意です。


この検査結果を聞くと、そりゃ放っておいても生理が来るわけないよなぁ(笑)

生理をこさせるために、「クロミッド」という排卵誘発剤を毎月飲んでいます。
月経周期約3~5日から飲み始めて5日間服用致します。この薬はエストロゲン(女性ホルモン)の拮抗薬で、体のホルモンのフィードバック機構を活用して排卵を促進するという機序を持つものです。

この薬はあまり飲み続けるのはよくない、副作用がある、と言われています。
3~4周期使ったら、それ以上は子宮内膜が薄くなったり、子宮頚管粘液が減るので逆に妊娠しにくくなる、と言われたりもしています。

でも、薬を飲まないと排卵自体いつしてくれるか分からない体なので。。。


薬を飲んでも卵の育ちが悪く、なかなか成長してくれない時は、HMGやHCG注射という強力な排卵誘発剤を使用します。
これがまた痛いのなんのって
お尻と腰のちょうど中間くらいに打つのですが、皮下注射じゃなく筋肉注射なので針は太いし長いし、ほんっと嫌です。

最近は在宅自己注射(家で自分で注射を打つこと)をしたりもしています。
保険が効かない薬は手技料も高いので、それを抑えるためにも自分で打つ、ということなんでしょうが。。。


実際の注射のセットがこれです。
IMG_0654.jpg

ほんとに「ザ・注射」という感じ。
看護師の免許も何も持っていない一般の人でもこんな注射していいんだ…と思っちゃいますね。
でもできちゃうみたいです(笑)
ほんとは自分で注射なんかしたくないんですけどね。

最初に注射用水を注射器に入れて、それから残り二つの粉が入った薬を混ぜて液は完成。
デリケートなものなので空気抜きをしたり、素人にはなかなか難しい作業です。


分かりやすいようにいつも刺しているインスリン注射の針と比較してみました。
(右がいつも打っているインスリンの注射)
IMG_0651.jpg

太すぎの長過ぎです…。筋肉注射なので仕方ないんでしょうが…。

腰あたりに打つので自分で打つことはできないので旦那にやってもらいます。
私はうつ伏せに寝転んで痛さを我慢するだけ。
打たれる方も嫌ですが、打つ方がもっと嫌だとおもいます。
旦那さんにはいつも感謝感謝です。

長くなりそうなので治療の続きはまた次に書きます。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ

不妊治療 | コメント:(3) | トラックバック:(0)
コメント:
大変だけど
ペニーです。

頑張ってください・・・。
私はインスリン注射だけで精一杯なのに、こんな苦労もされてたんですね。

私はどちらかと言えば、maruさんのお母さんに近い年齢ですので、
今から子どもを持つ可能性はありません。
でも、授かれれば、やはり素晴らしいことであったのにと、人生を振り返って思います。

今の痛みが笑顔に変わる日がきっと来ますよ。
応援してます。
そんなに大変だったとは・・・
こんばんは、maruさん。

不妊治療って、大変だったんですね。
親戚にも不妊治療してた人が居て、詳しくは聞けないしデリケートな問題なので余計聞けない。

maruさんの所は、旦那さんと一緒に取り組んでいる様なので、今の苦労が花ひらく時がきっと来ると思います。
遠くからですが、応援しています。

インスリンの針見てからは、全ての他の針が太く見えますねぇ。
でも、旦那さん凄いです。
私はビビッテ出来ないかも・・・
ありがとうございますm(_ _)m
>ペニーレインさん

うれしいです、ありがとうございます~(^ ^)
色々痛い思いもするけど、もう少し頑張ってみますねp(^_^)q
後々、あの時治療しておけばよかったなぁ…と思わないようにしたいので。
やってダメでもそっちの方が納得できますもんねd(^_^o)


>ドテチンさん

ありがとうございます~。応援してもらうとなんだか元気出ます( ´ ▽ ` )
不妊治療がこんなに大変だとは思いもしませんでした(笑)
痛さもそうですけど、かかるお金も半端ないので無理のない程度に頑張って続けていこうと思います(^◇^;)


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。