スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

血糖値をあげにくい食事。

2011/10/21 Fri 12:03

血糖値をできるだけあげないような生活をすることが糖尿病の人たちには大切ですが、
糖尿病でない人でもダイエットしたい人や健康に気をつけている人達にも
血糖値をあげない食生活はとても有効です。

一般的に精製や加工された炭水化物ほど血糖値が上がりやすく、太りやすいと言われています。
玄米より白米、茶色い食パンより白い食パン、小麦粉を練ったパスタよりシリアル、といった具合。
最近「GI値」という言葉をよく耳にするようになりました。
GI値とは血糖値が上がりやすいかどうかを計る指数のことです。
GI値が低い食品ほど血糖値は上がりにくいと言えます。
よく食べる食品や代表的な食べ物のGI値を覚えておくだけでも、料理や外食の時には役立ちます。
私も勉強して色んな資料集めたりしました。
わかってくるとなかなかおもしろいものですよ。

参考までに。分かりやすいGI値が載っているサイトです。→コチラ

また、ラーメン、うどん、そば、カレー、丼ぶり、菓子パン、おにぎり、等の
炭水化物だけの食事は血糖値を一気に上げやすいです。
ところが、その食事内容にタンパク質や野菜などを加えて摂ると、
消化速度が遅くなり血糖値の上昇を抑えることができます。
炭水化物に乳製品やお酢を一緒に食べることもおすすめです。
もし外食でチャーハンを食べるかグラタンを食べるか迷った時は
グラタンを選んだ方がいいですよ~。

同じ食事内容でも食べる順番で血糖値の上がり方を変えることもできます。
一番よいのは、野菜⇒タンパク質⇒炭水化物の順番です。
最初に摂る野菜の食物繊維が血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。

最も避けたい組み合わせは、炭水化物+脂質だけの食事です。
脂質自体は血糖値をあげませんが、炭水化物の分血糖値が上昇した状態で油脂を摂ると、
体脂肪に蓄積されてしまいます。

まだちょっと分からないことは、脂質の多い食事をすると2時間後の血糖値は正常なのに
その後で上がってくることがあることです。(私の場合)
ここはもう少し調べるべきかな?
食事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。