スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

永遠のライバル=糖質!

2012/08/06 Mon 16:39

コンビニやスーパーで食品を買うとき、毎回袋の後ろにある栄養成分表の炭水化物量を見るようにしています。
糖尿の人は同じようにしている方が多いんじゃないでしょうか。

成分表が載っているものはだいたいそれでインスリン量を決めるのですが、その数値だけで判断するのは少し注意が必要です。

炭水化物は「糖質」と「食物繊維」に分かれます。
急激に血糖値を上げるのは主に「糖質」の方で、「食物繊維」はほぼ上がりません。

私は病気になってから2、3年間くらいは、成分表の炭水化物の数字をそのままイコール糖質だと思って、それで注射をしてしまっていました。(知識乏しすぎ・・・

ほぼ糖質のパンやお菓子ならそれでもいいんですが、おかずや野菜、乾物など、食物繊維が多いものまでその数字で判断しちゃうと大変です。
それでよく低血糖にもなったし、当時は「ちゃんと成分表見たのに…(♯`∧´)」とちょっと逆ギレしたりもしてました(笑)

世の中の成分表、「炭水化物」を「糖質」と「食物繊維」の欄に分けて書いてくれたらすばらしいのになぁ


野菜の中でも、芋類、根菜類のニンジン、かぼちゃなどは、他の野菜と比べて糖質量が高いです。
以外に玉ねぎなんかも少々高めだったりします。
乾物で、切干大根なんかも要注意です。
干して甘味が増しているので、生の大根とは糖質量が変わってきます。100gあたり約半分が糖質です。

果物はビタミンが多く健康的に思いがちですが、こちらもかなり糖質が高いので、私たち糖尿人にとってはかなりのくせものです。
健康にいいと思ってお菓子をやめて代わりに果物をよく食べていたけど結果、糖尿病になってしまった、という人も身近にいます。
健康食品ぽく言われているドライフルーツなんかはさらに危険ですよね。
他の食品のように成分表とかがないので目分量で判断するしかありません。
果物は本当難しいですよね。

よく、「握りこぶし一個分が糖質これくらい」なんて言いますが、フルーツの種類や糖度で全然変わってくるのであまり参考になりませんしぃ・・・。

あ、ちなみに、果物に含まれる果糖はブドウ糖よりも中性脂肪に変わりやすいみたいですよ。


永遠のライバル=糖質。
もっと克服していかねばねば!

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ

食事 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
コメント:
私も
こんばんは~。

見てますよ、成分表・・・、ランチの買い物なんて
真剣です(笑)

私は1型宣告を受けてから入院するまでの1か月間、
糖質を絶ってました。糖質はライバルどころか毒と
思っていたのですが、インスリンがあるのだから!と
病院で叱られ、今はうまく付き合えるよう頑張ってます。

果物はねー、果糖だからそんなに影響しないと読んだ
記憶もあるのですが、昨日、ピオーネでドカンと
イッテしまいました(笑)
ブドウ糖って言うくらいだから、ブドウは危ないのかな?(笑)
成分表
>ペニーレインさん

やっぱり成分表って見ますよね~(^ ^)
昔よりも多く記載される物が増えてるんで助かります。

私も一時期炭水化物を完全に絶っていました(笑)
パンとかお菓子とか大好きなものを我慢しまくってたんですが、やっぱり摂らないとどんどんストレス溜まってくるんでσ(^_^;)
今はだいたい感覚をつかめているので逆に食べ過ぎに注意しないといけないかも(笑)

私も気になってブドウ糖のこと昔調べた事があるんですけど、名前の由来はやっぱり葡萄からきているみたいですよ。葡萄から検出されたのでブドウ糖らしいです。
かなり糖度が高いので注意してくださいね!
私もコテンパンにやられた事があります(笑)(。-_-。)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。