スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
私は、一日に平均5~6回血糖値を測っています。
起床時、朝食後、昼食後、間食後、夕食後、就寝前
といった具合です。

だいたいこれくらいの値かな?と思える時は測らなかったり、
単に忘れたりする時もあるのですが、
予想してたよりも低過ぎだったり高過ぎだったりということはしょっ中です。
なので、やっぱり小まめに測ることは私には必要不可欠です。

妊娠を考えて、食前血糖100mg/dl未満、食後2時間血糖120mg/dl未満、
という厳重な血糖管理を目指しているので、今は余計に血糖値を測ることが多くなっているのが現状。

食前血糖は比較的守られてはいるのですが、食後2時間血糖が120未満という値は、私にはすっごく難しいです。
糖質を少しでも摂ると、それに合うようにインスリンは打っていても、その値未満になるのは5回に一回程度じゃないでしょうか…。
「120未満」はそれくらい難しい値です。

分食にして、一食分を減らしたりもしますがなかなか…。

糖質をほとんど摂らない野菜やタンパク質がメインの食事をすれば、結構値を安定させる事はできます。
とはいっても、そんな食事ばかり続けられません。
すぐにお腹は減るし、歩いたり走ったりの時は体力が全然持たないです。

そんなこんなで血糖値と毎日悪戦苦闘してる感じで、5~6回測るのが日常になってます。


この前検診に行った時、血糖値を測るチップの必要な数を看護師さんに聞かれて
一日5~6回測る分くらいは欲しいと言ったところ、信じられない言葉が返ってきました。
「もう病気になって何年も経つんだったらコツも掴めてきてそんなに一日に何回も測らなくても大丈夫なんじゃない?3回くらいで十分だと思うよ」

この人本当に病気のこと分かってるの⁇と思ってしまいました。
理解していたらそんな発言しないと思うんです。
ただでさえ厳しい血糖管理が必要な時に、その回数はちょっと無理な話です。


私たち一般人は、医者は何でも分かってるように思ってしまいがちです。
でもその一件で、医者や看護師さんと言えども、全て病気のことを分かっている訳じゃないんだという事を知りました。

医学の分野は幅広いです。
全てを網羅するのはさすがに不可能なんだと思います。
だからこそ、各々の病気の「専門医」に診てもらうことが重要なんだと思いました。

こちらの心構えとして、専門医じゃなく一般の病院で診てもらうなら、期待とはずれた答えが返ってくることはある程度覚悟しておいた方がいいのかもしれません。

ただ、その専門医がいる病院を見つけて通うのがなかなか難しいんですよねぇ・・・σ(^_^;)
地方だとなおさらな気がします。都内だったらいっぱいあるんですが・・・。

今度、遠いけど都内に出てみて、一度専門医のいる病院に行って何かしらのアドバイスをもらってこようかと考えています。
今まで自分で判断してやってきていることもあるので、それが本当に正しいことなのかを聞いて、今後の治療に役立てたいです。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ

病院・医療・医療費 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
コメント:
医者探しは難しいですね・・・
こんばんは、maruさん。

前回のブログで、個人病院が一型を嫌う訳が判りました。
私も個人病院をたらい回しにされて、大学病院に掛かっている状況なので・・・
納得が行きました。

専門医の件ですが、まだ合併症の出ていない状況ならば専門医も「有り」かと思いますが、私みたいに、もう合併症が複数出ている時は、大学か総合病院の方が良いのかなぁと思います。
大きいと多少は不都合も出て来ると思いますが、色々な方向から診てくれるので、個人による間違った方向には行きにくいかとおもいますよ。

専門医は、セカンドオピニオン位に思っていた方が良いと思いますよ。
でも、自分に合う医者って巡り合わないものですよねぇ・・・

自分の「目的」に合った治療の出来るお医者さんに早く逢えると良いですね。

私の様に合併症も出ている状態で、人生の後半に成ってくると、苦しまない状況が一番で「生きてるだけでまるもうけ」と思いながら生活していますよ。
目的を持って治療に当る事って良い事で、目的を持ってるmaruさんがうらやましいです。

一日の血糖値測定って、そんなにしてたんだ。
それに食事後で測ってたとはビックリです。
私は4回で食事前ですよ。
医者によって指導が違うんですね。
回数が多い方がデータとしては良いのかも知れませんが大変ですね。
目的の為、続けて下さいね。

私は今回の受診で悪化していましたが、皆の数字見てビックリしています。
あ、今回の待ち時間の時、妊娠中の人を見かけたのでmaruさんも大丈夫ですよ。
どっちが先か判らないですけど、子供は大丈夫でしょ。
早く良い知らせか聞けるといいですね。
では、また
ドテチンさんこんにちはo(^▽^)o
コメントありがとうございますm(_ _)m

ドテチンさんのコメントを見て、すごく父と重なるところがあって、なるほどなぁ…と思いました。

父も合併症が色々出でいるんですが、今まで通っていた病院は思い返すといずれも大きな総合病院でしたね。
よく、小さい病院だと不安、何かあった時に心配や、わしは特に目がな、と言っていました。
欲は言わんから現状維持でいけるんが一番いい、とも言っていたのを思い出します。

合併症が出ると、いくら治療をしても、それ以上は決して良くはならないんですよね…。
一番の治療は今の症状を出来るだけ悪化させないよう努めること、だと教わりました。

父の血糖測定の回数はドテチンさんよりも少ないと思います。一日に多い時で4回じゃないでしょうか。
長年の感覚がやっぱり大きいんだと思います。私は病気になって7年経ちますが、未だにコツを掴めないでいますσ(^_^;)
だからドテチンさんや父みたいに少ない回数でできるのは逆にすごいなぁと思うんです。

ドテチンさんは自律神経に合併症が出てらっしゃるようなので「現状維持」をしていくことはすごく難しい事だと思います。できるだけ悪くならないように本当に注意してくださいね(>_<)

ちょっと余談ですが…
少し前に帰省した時ですが、その時父に、
ブログを始めて同じような病気の人がたくさんいることを言いました。ドテチンさんやいちさんのことも話しましたよ(^ ^)
父は「わしと同じやないか!」とちょっと笑っていました。
「同じような病気の人から色んな意見を聞けるのはいいことやな。わしはネットとかパソコンとか鈍感やからそういう人達と知り合うのはなかなかないわ。また何かあったら教えてくれ」と言ってました~(^ ^)/

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。