スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

妊娠しました(続き)

2014/05/30 Fri 16:36

(前回の続きです)

今まで「つわり」というのは
テレビドラマや漫画とかで見たりするような、いきなり「うっ・・・!!」って口元抑えて洗面所に駆け込む・・・
で、その後は案外ケロッとしている。
といったものを想像していました。

ですが実際のつわりは・・・。全然違いました。
言うなれば、一日中車酔いや船酔いの状態。
朝起きたら気持ち悪い。夕方から夜にかけてはさらにダウン。
お腹は空いていても食べられない、食べたくない。匂いに敏感すぎてすぐダウン。
食べられるものは酸味のあるものや冷たいもの、味のはっきりした濃い味のもの。
などなど。。。

食事でも血糖値の上がりにくい、大好きなお肉や魚、卵など、今まで味方につけてきたいわゆる「たんぱく質」が、
妊娠してからはなぜか食べにくい、食べたくない、食べられない。

その反面、今まで避けてきたり少し我慢してきた糖質・炭水化物のもの、白ご飯や食パン、ポテト(特にマクドのポテト)、スナック類、果物などがなんとまあ食べやすいこと。。。

など、妊娠中、つわりで食べ物の好みや味覚、食べれる物も代わり、血糖の上がり具合を見ながら日々奮闘している毎日です。

妊娠中は特にコントロールが厳しいので、血糖測定の回数が妊娠前よりもどうしても増えてしまいます。
病院では、(あ、ここからは少し愚痴が入ります(笑))
血糖を上げないように分食をして3回の食事の回数を、5回、6回の食事に分けて、その都度様子を見る、そしてもちろん出来る限り食後2時間の値は120以下に抑える。平常時は100以下。さらにできればピークの血糖値は140以下が目標。
というめっちゃ厳しい指示が出るにもかかわらず、病院側が渡せる血糖測定器の測定チップは最大で一日平均4回程度の数のみ。
そのくせ、血糖はこまめに測るようにと。

・・・いやいや、無理でしょ!!
妊娠したら絶対測定の回数は増えるし、もちろんその場合は例外で多めのチップをもらえるものだとばかり思っていました。
・・・でもダメなんですって。言ってみたけどー。

まあ、愚痴を言っても始まらない。予備のチップでなんとか対応するしかありません。

そんなこんなで日々頑張っています。
でももうそろそろ長くて辛かったつわりもなくなってくる頃なので、それが落ち着けばもう少し血糖管理もしやすくなるのかもしれません。

ただ、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期と、インスリン抵抗性がかなり変わってくるので注意が必要です。
中期や後期にもなりだすと、普段のインスリン量の1.5倍や2倍以上必要になってくるのだそう。

今は中期の時期に入ったので、平常時の血糖値もさらに注意をして見ていく必要がありそうです。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中

1クリックしていただけるととってもうれしいです!
        
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
------------------------------------------------------

スポンサーサイト
不妊治療 | コメント:(10) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。