スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

気を引き締め直す

2013/11/27 Wed 22:34

ある糖尿病専門医が書かれた著書で

「糖尿病はまったく新しいタイプの慢性病であり、一生付き合っていかなければいけない病気なのだ。へこむことなく、油断することなく、沈着冷静に渡り合える人が合併症にも勝利できるのである」

という言葉が書かれてありました。

へこむことなく、油断することなく、沈着冷静。。。

この言葉、心に響きます。
そうなのかも…と思いますね。

甘えたリ、自暴自棄になったり、
感情に左右され過ぎると、コントロールは乱れてしまいます。

それは、どれだけ病気ときちんと向き合えているか、病気をどれだけ真剣に受け止めているか、で変わると思います。

私も凹む時もあれば、治療がしんどくなったり、悩むこともたくさんあります。ヤケクソになることもあります。

ただ、そうなっても、後々冷静に戻って考える時は

現状をしっかりと理解し、認めること。
同じ事を繰り返さないよう、工夫し考えること。
周りの人に甘えないこと。

病気に関して、この3つを私はよく考えるようにしています。

周りの人に甘えないこと、というのは、私の場合は旦那です。

何かあっても旦那がいるから大丈夫、というのはただの甘えで、自分の危機管理が出来ていないのと同じです。

家で1人にいる時、突然の低血糖で倒れる事があるかもしれません。

そうならないように、普段から自分に厳しく、毎日の管理を怠らないことが本当に大事だと思うのです。

旦那には、今まで自分の病気のことで色々心配をかけたり不安にさせたりしてきました。
その度に助けられ、励まされ、怒られ…、今までしてもらうことばかりできました。
本当に感謝しています。

私が旦那のためにしなきゃいけないことは、自己管理をきちんとすることだと思っています。
例えば、
低血糖用の補食を持ち歩くのを忘れない、注射を忘れない、打ち間違えない、面倒だから計らない、とか。
細かいことをあげるときりがありません。

全て普段の生活でやっていることです。
ただ、怖いのはやっぱり「慣れ」です。
慣れが油断や失敗を起こすんだと思います。

気引き締めなきゃ。

てな具合で、こうやってたまに自分で気合いを入れ直します。
こういうの、大事ですよね。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中

1クリックしていただけるととってもうれしいです!
        
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
------------------------------------------------------
スポンサーサイト
一型糖尿病について | コメント:(2) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。