スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

病気で変わった父との関係

2012/09/29 Sat 21:25

7年前私が病気になってから、私と父との関係は少し変わりました。
というより、父が変わった、という方が正しいかも。

それまで、「自分の病気の苦しみは自分にしか分からない」といったような言動を、父はたまに私たちに言ってました。
それを言われるたびに、私たち家族はそれ以上何も言えませんでした。
病気の辛いことや弱音や悩みなども、多くは口に出しません。

恐らくこれは、同じ職種の人には自分の仕事の事を話したりするけど、全く自分の仕事とは関係ない職種に就いている人や、例えば家にいる奥さんなどに、夫が仕事の話をあまりしない、というのと同じようなことなんだと思います。

分からない人に分かってくれ、というのは違うし、分からないのに長々と話をしても仕方ない、といったような気持ちからなんだと思います。

今思うと、私達家族がもっと父の気持ちを読みとって、こちらから病気の事を聞いたり話したりするといったようなアクションをとっていれば、父ももっと気兼ねなく私達に本当の思いを話してくれていたのかもしれません。

その事は私が同じ病気になって初めて気付いたことです。
本当は、病気にならずとも気付いてあげるべきだったんじゃないかとこの頃思います。
今更ですが、その事についてすごく反省しています。

そんな思いもあって、今では私から父に色々話をします。
病気のことに関することで言えば、目の調子や自律神経、コントロールの具合はどうか、新しい治療の情報や病気にいいもの、などなど。。
病気に関係ないこともたくさん話します。

私が病気になってからの父は変わりました。
それまで私達に言っていた突き放したような台詞を、パッタリと口に出さなくなったんです。
角がとれた感じ?(笑)

病気についての自分の思いもきちんと私に話してくれるようになりました。
病気こと以外の事に関しても、前より本音で話してくれるようになった気がします。

いい事があった時やいい情報があった時はすぐに伝え、父が落ち込んでいる時は共感したり励ましたり、怒ったりもします。(父は性格的にだらしないところもたくさんあるので(^^;))

よく長々と話していると、母はたまにそんな私達の仲を羨ましそうに見てくることさえあります(笑)

この前父に、一年以上眼科に行っていないことを聞かされ、すぐに行くように何度も言いました。
その数日後、「お前に怒られるから眼科行ってきたぞ」という電話があって一安心。
白内障が少し進んでるけど、新しく出血しているところはなかったみたい。

眼科の先生からも、「以前したレーザーで血管をきちんと止めてありますね。悪くはなっていないですよ。レーザーは今まで1000発くらい打ちました?」と言われ、「いやいや、500発くらいです(笑)」と答えたみたい。

それを聞いて、(500発も打っていたのか…(´・_・`))と思いましたね。


父の9月のA1cは9.0(JDS表記)。
ここ三年は8%台の後半です。
それまでは10%台が続くときもあったみたい。

正常な人でHbA1cは4.6~6.1%と言われているので、父の場合は比べると約2倍の血糖値になっているということです。

以前より血糖値の測る回数を増やしたり、生活習慣をできるだけ改善してはいるものの、なかなかA1cが下がりません。平常時や食後の値も見る限りではそんなに悪くないのにどうしてだろう…と父も悩んでいます。

今、父の合併症は目、自律神経と進んでいます。
タンパクは尿に降りてはいないので、腎臓はまだそこまでダメージを受けていないのかな、と。


- 腎臓の働き -
腎臓はろ過のような役割をしていて、体の栄養にならない不用なものをろ過して、尿に流します。
この腎機能が低下すると、正常にろ過できなくなり、体に必要なタンパク質までもが尿と一緒に体外へ流れていってしまいます。
腎臓が正常に働かなくなると特殊な器械で血液中の老廃物をこし取る人工透析を週に何度も受け続けなければならなくなります。


今は大丈夫でも、父の場合いつ悪くなってもおかしくありません。
私はそれが心配です。

近々、糖尿病専門医にセカンドオピニオンとして診察を受ける予定なので、その時に父のことも何か聞ければいいなと思っています。

関係ないけど、セカンドオピニオンって保険が効かないんですね…
電話で聞くと、15,000円程かかると言われました。
病気にかかるお金なので仕方がないことですね。

今度、診察を受けた感想をまたブログには載せようと思っています。

父のA1cどうにかして下げさせないと

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ

スポンサーサイト
一型糖尿病について | コメント:(4) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。