スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

4月の受診日

2014/04/01 Tue 18:03

ご無沙汰しております。
あっという間に4月ですね~

家の近くの桜もこんな感じでだいぶ花が開いてました。
きっと今週いっぱいで満開ですね。

IMG_2063_2.jpg

そして4月の受診日。

採血の直前に、自分で持っている測定器で血糖値を測っておきました。
値は102。
で、病院で出た検査の血糖値の値は80でした。

今まで結果が違ったりずれるのは測定器の誤差の問題だと思ったりしていたのですが、何回か比べてみると検査結果の方が毎回低いような気がします。
なのでインスリン療養外来の先生に聞いてみました。
すると、こんな回答が。

採血の際は静脈から摂ることが多いので、血が巡った後の血のため値が低いのだそうです。
なのでいつも私達が採っている指先の血(抹消採血)は検査結果よりも少し高く出ることが多いみたい。

ほうほう。なるほどね。


で、今回のA1cは6.0。
いい感じです
その代わりと言っちゃなんですが、ケトンが+2出ちゃってました

う~む。。。まぁこんな事もあるでしょう(笑)


そして、前回新しく変わった血糖測定器なんですが、使い始めてみました。
古い血糖測定器と比較してみると、平均して10ほど値が高く出る感じ。
低血糖の時の感覚も、何となくそれくらいの違いがあるような気はします。
新しいものでちょっとずつ慣れていかなきゃなぁ・・・。

にしても新しいアキュチェックモバイル測定器・・・。
君やっぱり重いしでかいよ・・・。しくしく

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中

一日1クリックしていただけるととってもうれしいです!
        
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
------------------------------------------------------

スポンサーサイト
受診日 | コメント:(11) | トラックバック:(0)
かなりご無沙汰しております。

前回のブログをアップしてから早くも1カ月が経とうとしてます。
これはさぼりすぎだと思い、慌てて書いております(笑)

この一か月、咳喘息になるわ、その咳のしすぎで肋骨付近の筋肉炎症(肋間神経痛に似た感じ?)になるわで、なんだかてんてこまいな一カ月でした。。。ケホ。
(後厄のせいかしら。。。)

ただ、今は整骨院にも通いながらですが、だいぶ良くなっています。
二週間もすればまたフットサルできるんじゃないかなぁ・・・なんて。


前置きはさておき。
昨日は2カ月ぶりの受診日でした。
今回は毎回の採血と同時に、脈波図検査もしてきました。
脈波図検査とは、手と足の血圧の比較や脈波の伝わり方を調べることで、動脈硬化(血管の老化など)の度合や早期血管障害を検出する検査です。

血圧を測るのに腕を圧縮されるのは慣れていますが、ふくらはぎは久しぶりだったのでちょっとドキドキしました。
といってもちょっとだけね(笑)何も痛いことされるわけではないし。

今回の検査結果は

A1c 6.1%
HDLコレステロール 84
LDLコレステロール 131
総コレステロール 230
(脈波図検査結果は次回)

年末や正月20日間くらいは血糖暴走しまくったのに、このA1cはうれしい限り。
年末は特に、女性ホルモン特有の症状も重なって、かなり乱交下しました。
というより、打っても打っても効かない時期がかなり続きましたねー
帰省後は生理も始まり、それまでが嘘かのようにかなり値も落ち着ちつきました。

いや~怖い怖い。
いつもの2倍や3倍打っても効かないんだもん。
最近顕著なんだよなぁ・・・。


そして、今回から血糖測定器が新しいものに変更になります。
ちょうど今まで使ってた機械がたまに調子悪くなったりしていた時だったのでこれはナイスタイミング。

こんなの。
IMG_1889[1]

IMG_1888[1]

「アキュチェックモバイル」という製品です。
2012年の11月から発売されていたんですね。私は今回初めて見ました。
50回分の試験紙を一度にセットできるみたい。今までのように試験紙をその都度破棄する必要もないのだとか。

今使っている測定器のチップがまだ残っているので、これを使うのはそれがなくなってからになりそうですが、予備の試験紙を持ち歩いたり破棄がなくなる分、普段使いは便利そうな気がしますね。

まぁ使ってみないことにはどうも分かりませんが。

ただ、やっぱりまだまだでかいし重いなぁ。。。
そろそろ軽量化とコンパクトさを兼ね備えたモノが出てきてもいいのに。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中

1クリックしていただけるととってもうれしいです!
        
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
------------------------------------------------------

受診日 | コメント:(4) | トラックバック:(0)
今回の受診結果です。

HbA1c: 5.7%
総-コレステロール : 237
HDL-コレステロール: 81
LDL-コレステロール: 154
血圧: 84/50

やっぱLDL高い。。。

A1cは前回よりも0.5%下がっていました。
これは時効型の単位数を増やしたからだと思います。
秋になって涼しくなってきたのでまた単位数をもとに戻したんです。
夏に血糖値が下がりやすいので(低血糖を避けるため)夏場はわざとレベミルの単位数を減らしていました。

A1cは今回なかなかよい数値。


病院が終わって旦那に結果を報告。
その時、ふと旦那が私に質問してきました。
夫:「A1cってそもそも何の値?血糖値とは単位が違うよな?パーセントって何の割合なん?」
私:「・・・。わからん(笑)」

恥ずかしながら、私、8年も病気をしてて、HbA1cのそのそもの意味を分かっていませんでした。
漠然と知っていたのは、
・HbA1cは1~2ヶ月前の血糖値の平均を表したもの
・正常値は、4.7~6.2%で、6.5%以上であればほぼ糖尿病型
ということくらいです。

簡単な説明くらいはできるようにしておきたいなぁ…
ということで、少し調べてお勉強。


血液の赤血球に含まれているタンパク質をヘモグロビン(Hb)と言います。
このヘモグロビン(Hb)は、血液中のブドウ糖と結合するという性質を持っており、
そのブドウ糖と結合した物の一部分が、HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)と呼ばれています。

ヘモグロビンは赤血球の中に大量に存在する蛋白で、身体の全体に酸素を運ぶ役目をしています。
赤血球の寿命はおよそ120日(4ヶ月)と言われており、赤血球はこの間ずっと体を巡り、血管内のブドウ糖と少しずつ結びつきます。

血液の中に余分のブドウ糖があって高血糖状態が長く続くと、ヘモグロビンとブドウ糖は、どんどん結合していきます。
つまり、血液検査の結果、このグリコヘモグロビン(HbA1c)の値が高ければ高いほど、余分なブドウ糖が血液中にたくさんあり、ヘモグロビンと結合しているという訳です。

HbA1c値は、赤血球の寿命の半分くらいにあたる時期の血糖値の平均を反映します。
なので血液検査の結果は、その日から1~2ヶ月前の血糖の状態を推定できることになります。


ふ~む。
HbA1cの表示「%」は、へモグロビンに結合したブドウ糖の割合、ということだったんですねぇ・・・。

またひとつお勉強いたしました。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中

1クリックしていただけるととってもうれしいです!
        
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
------------------------------------------------------

受診日 | コメント:(3) | トラックバック:(0)
今回は2カ月に一度の受診+眼科の受診もしてきました。

毎回あの瞳孔を広げる目薬・・・苦手です。
6時間くらいは瞳孔開いたまんまで、まぶしいし近くは見えにくいしすっごく疲れるんですよね。。。

目は今のところ何事もなく、影響は受けていないようで安心しました。
先生に、「A1cの値だけ見ていても、あまりよくないんですよね?」と聞いたところ、
「うん、そうだね。環境や体調の変化で目もいきなり悪くなったりすることがあるから、できるだけ気をつけた方がいいね」
と言われました。

そして今回の結果。

A1c:5.9
総コレステロール:229
HDLコレステロール:89
LDLコレステロール:139
血圧:86/46

LDL、前回より下がりました。わーい
目標は130以下ですが。これがなかなか。

A1cは前より下がってそうとは思ってて、これは予想通りでよかったです。
ここ最近は、家にいる時はできるだけ食べる物の重さを測って、正確に糖質量を摂るようにしていました。

今以上に厳格なコントロールができるかどうか、慣れてみるのも大事かなぁと思ったので。
といいつつ、なんだかんだで甘えはありますが。

あと、そのコントロールに役立っているのがスマートフォンのアプリ、「e-SMBG」です。
知っておられる方も多いかも

血糖値や食事、インスリン単位数、体重、などなど、色んなデータの管理がこれひとつでできて、パソコンとも共有ができるので、私はとても重宝しています。

食前、食後の血糖値の平均や一カ月通しての平均も出てくれるので、検診を受けに行く前にだいたいのA1cが自分で予想できるようになります。
血糖値もこのおかげで日々気をつけるようになりました。
こういう風にできてたらいいのに・・・とか、ここはこうじゃない方がいいのに・・・、というのはちょっとあったりしますが、それでも全然使いやすいし個人的にはとてもいい感じです。

知らない方は一度お試しあれ~

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ


受診日 | コメント:(5) | トラックバック:(0)
一昨日は、2か月に一度の受診の日でした。

結果は、A1c、コレステロール共にちょっと残念な内容。。。
A1cは0.2上がって6.2。
HDLコレステロール78、LDLコレステロール156、総コレステロール254。

やっぱりコレステロールが、高いよ。。。
前回高い数値だったんで先月・今月は気にして生活してたんですが…。

コレステロールを下げてくれる食品も意識的に摂ってたんですよ~、私なりに。
大豆類(納豆とか豆乳)、オリーブオイル、青魚、ナッツ類(ビタミンE)、アボカド、などなど。。。

ウォーキングもコレステロールを下げてくれるっていうから毎日してるのにさぁ。。。

う~む。やっぱり・・・原因はおやつタイムのお菓子類しかないか。
おやつだけはついつい食べちゃうんですよね。

人よりまだ摂ってない方だと思うんだけど、動物性油脂をさらに控える、恐らくコレなんでしょうね。
と言ってもやっぱり体質が一番大きいんだろうな~

一回の結果ごとに、一喜一憂しないしない。←言い聞かせ。
よし、次頑張ろ~

あと、血圧は今回半端なく低かったです。
上83の下44。すご~…

(関係ないけど)
ウチの病院の精算機も、やっとカードが使えるようになりました。
遅いくらいだけどね。ぶひ

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
受診日 | コメント:(6) | トラックバック:(0)

LDLが過去最高

2013/02/15 Fri 10:58

13日(旦那の誕生日)は、2月の受診日でした。
12月のハワイ旅行、年末年始の帰省、とその間血糖値がかなり暴走してたので
今回のA1c上がっちゃってんだろうなぁ~・・・と予想してました。

すると、以外な結果が。

これは私の糖尿病手帳↓
IMG_1043[1]

病院で記入してもらう検査結果↓
IMG_1042[1]

すると、A1cは意外にも前回と同じ6.0。
おお~!と思ったのもつかの間、注目は総コレステロールとLDLの欄。

なんとLDLは162。
ガビーン。。。。最高記録じゃん・・・。

ゆ、油断した・・・。
心当たり、大いにあります。
たぶんチーズ、バター、ヨーグルトなどの乳製品の摂りすぎデス。
前回105に下がって、わ~いってうかれてました。
下がったんだしちょっとぐらい食べてもいいや~てな感じ。
今月は卵も普通に食べちゃってたしなぁ。

こりゃいかん・・・

先生からも
「コレステロールちょっと高いね。若い女性だし、まぁ今のところ大丈夫だけど、
もし今後妊娠した場合は下げるためにちょっとしばらく入院した方がいいかも。妊娠中はコレステロール下げる薬は飲めないからね。」
と言われました。

ハイ、頑張りま~す!

・・・という訳で、次の日の昼食は「卵白」のオムレツを作って食べました。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ

受診日 | コメント:(3) | トラックバック:(0)
12月の検診に行ってきました。

いつもは午前なのですが、今回は先生の都合で午後15時半からの検診でした。
採血のため14時に来院。
検診まで時間があるので、病院内に併設されているドトールでお茶をしました。

頼んだのは「2層仕立てのチーズケーキ」
チーズケーキはケーキの中でも血糖値上がりにくいのでついつい選んじゃいます(笑)てか好きだしね
20121107111118.jpg
中には甘いオレンジピールが入ってました。
おいしかったけど、個人的にはもうちょっとチーズが強くてもよかったかなぁという感じでした。


お茶した後はしばらく待って16時半に診察。

今回の結果は、
・A1c 6.0(NGSP値)
・総コレステロール 193(HDL70/LDL105)
・中性脂肪 42
・血圧 100/60

でした。
A1cは前回よりも0.1ダウン、コレステロールも前回(241)から大きくダウンしてました。
うれし~

実は先月から、大好きな牛乳と肉の摂取を減らしてみたんです。
いつもはカフェラテを頼むところを紅茶に替える、お肉は控えるといっても脂身部分を切り取る、ってくらいですが・・・
食べることにできるだけストレスは貯めたくないので(笑)

でも、大幅に下がったということは、これが効いたということかしら
もう少し続けてみよう~


ちなみに、
「コレステロールが高いと早死にする」 
「コレステロールが高い人の方が実は長生き」新説
「たまごを食べ過ぎるとコレステロールが高くなる」
「たまごを食べるとコレステロールが高くなるというのは間違い」

と、世間ではこんな感じでコレステロールのことについて色々なことが言われています。
どちらの意見も医者や専門家の意見なので、間違いということはないんでしょう。
ただ、注意しなければいけないのは、その言葉だけでは不十分すぎるということです。

「コレステロールって、高い方が長生きするんだ~」と私も安心した時期もありました。
けど、それは単なる間違い。それが言えるのは、ある条件に当てはる時、いうことです。


この間、テレビでたまたまコレステロールのことについて詳しく解説していた番組があったのでちょっと紹介。

例として、3人のコレステロール値で病気になるリスクを比較します。

Aさん LDL 93  HD L38
Bさん LDL 132 HDL 52
Cさん LDL 150 HDL 75
(コレステロールの正常値  LDL:120mg/dl未満 HDL:40mg/dl以上)

→AさんはLDL、HDLともにほぼ基準値をクリア
→Cさんは総コレステロール、LDLも3人の中で一番高い

この結果で、病気になるリスクの高い順は、上から順番にA→B→Cなんです。

一見すると、コレステロールが高いCさんが一番になるような気がしますが、
3人を比較したとき、HDLを1としたときのLDLが、Cさんが2倍なのに対して、Aさんは2.4倍、Bさんは2.5倍です。
「コレステロールが高いと長生き」というのは、HDLの割合が高いということだったんです。
また、Aさんの場合はHDLが38と低いです。
HDLが低い方は動脈硬化症を起こしやすいリスクがあるとのこと。
コレステロール値は、少なくてもリスクが高いんですね。


また、コレステロールが高いことで有名な「卵」について。
コレステロールが高いのは事実ですが、体への影響には個人差がある、ということです。
卵のとり過ぎでコレステロール値が上がる人は全体の3分の1程度なのだそう。
何個食べてもコレステロール値が上がらない人もいるし1個食べてもあがる人もいるということです。
一概に「卵の取りすぎはダメ!」とは言えないんですね。(←私も以前はそう思ってました(笑) ナハハ・・・)


結局、時と場合によって色んな説が正解になったり、間違いになったりするということです。
大事なのは、その時の情報だけに惑わされず、正しい判断とさらに詳しい情報の収集をする、ということですね。

あ、あと、コレステロールのコントロール法で一番のおすすめは”歩く”事なんだそうですよ~。


------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ

受診日 | コメント:(3) | トラックバック:(0)

10月の受信日+糖尿病相談

2012/10/06 Sat 15:54

3日は10月の受診日でした。

糖尿病の人は診察の前にたいてい採血をします。
大きな病院だと、採血の結果に1時間くらいはかかるので、予約した診察時間の1時間以上前までに採血を済ませておいて、それから呼ばれるまで待つ、といった具合です。

私の通っている総合病院はいつも混んでいて、採血をしてもらうのにも30分はかかるので、毎回予約の時間の1時間半前に行くようにしています。

とはいっても、予約の時間に予定通り診てもらえることはまずないので、そこからさらに1時間~2時間待つことに。
長いなぁ~とは思いつつも、最近通っている婦人科で3時間4時間、ひどい時は5時間待つことがしばしばあるので、病院で待つのも今では慣れたものです。(笑)

今回は11:30に予約されていて、呼ばれたのは13時前でした。
いつもならただ待っているだけの状態なのですが、今回は「糖尿病相談」というのが診察の前に先にあったおかげで待ち時間が短く感じました。

「糖尿病相談」は、だいたい半年か一年に一回のペースで受けるような感じです。
看護師、栄養指導の方と自分の普段の生活や病気のこと、その他困ったことや質問などなど、詳しく話をします。

今回私から聞きたいことは特になかったので、逆に色々と聞かれました。(笑)

低血糖は何回ありました?
朝・昼・夜・寝る前は何単位打っているの?
レベミルとNを使い分けているようだけど、それはどういう時?
寝る前の単位数が多くなったり少なくなったり、打っていない日もあるけどこれはどうして?
などなど。

内容によってはなんだか答えにくいというか、こうこうこうです!と言いきれないことが多くてちょっと困りました。
低血糖になった回数なんか覚えてないです(笑)
みなさんはきちんと数えてます??

低血糖の原因も自分でだいたい分かっているのでそれに関しては大丈夫かなぁという感じ。

朝・昼・夜・寝る前の単位数。これは食べるものやその日の体調によって日々打つ量が変わるので、一概に、何単位です!とは言いにくい。。。
一応の目安で、4~8・4~6・2~4・2~4と伝えました。

生理前や排卵後、睡眠がよくとれなかった次の日や、風邪をひいたり体調がよくない日などは特に
インスリンの効きや平常時の血糖値もガラッと変わってきます。


寝る前が0単位というのは、寝る前の値が低めでインスリンが効きやすいと感じる時。
夜中に低血糖になりそうな時。あとは、打たずに寝て、次の日はどれくらい上がっているかを見たい時、などです。

レベミルとNの使い分けは、注射の効くピークが違うから。
レベミルの方が1日安定する感覚はあるけど、3・4時間後にくるピークで夜中に低血糖を起こしそうな時はNに切り替えるようにしています。

ちなみに父はランタス使用者。
一般によく使われているみたいですね。私は一度も使ったことがないので、どんな感じなのかなぁとすごく興味があります。
一度先生にも使ってみたいと聞いたことがあったんですけど、なんかサラ~と話が流されて終わった気が。


ひとつだけ聞いたのは、検査結果のこと。
毎回、簡単なA1cやコレステロール値などは、糖尿病手帳に書いてもらっていますが、そういや詳しい血液検査や採尿の結果について何も言われなかったなぁ・・・と診察の後で思う時がしばしば。
結果が何も問題なくても、項目ごとに数値として自分の検査結果の確認はしておきたいものです。

今回は近々受けるセカンドオピニオンで結果がいるということもあるので、
「用紙としてもらっておきたいんですが・・・」と言うと、
「あ、先生によっては自分で判断しちゃって結果も細かくは伝えないし、言わないと用紙でもらえなかったりするのよ~。今回コピーしてほしいと言っておきますね~」
だそう。

(え?そ、そうだったの??
とちょっと拍子抜けでした。

あとは、看護師さんや栄養指導の方が私と歳も近く話し易い雰囲気だったので、全然関係ない話やおもしろい話をしたりもしました。(笑)


・・・といった具合に、色々と話をしました。
そのおかげで約1時間弱、待ち時間が短縮されました。

本来は診察中に測定する血圧や、2か月分の針や注射の本数、血糖測定のチップの数などの計算も糖尿病相談中に済ませたので、その後の診察もスムーズに終わりました。

毎回糖尿病相談があればいいのになぁ。

今回のA1cは前回と同じ6.1(JDS表記だと5.7)。
コレステロール値は241。
今回はいつもよりさらに高め。
やっぱり体質なんでしょうね。

診察料、注射、針、チップ代合わせて
今日は¥16,000でゴザイマシタ。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
受診日 | コメント:(5) | トラックバック:(0)

注射の転がり止め

2012/08/14 Tue 22:14

先週の水曜日は8月の検診日でした。

今回のA1cの値は6.1。(JDS表記だと5.7)
前回より0.3上がってました。
といっても前回が低かったのでそれより前の値に戻ったという感じです。

コレステロールは
HDL:80、LDL:112、総コレステロール:204
でした。
いつもだと総コレステロール230くらい。今回下がってくれてうれしいです。

血圧はいつも低めの下が54の上が86。


診察時、先生に注射にはめるゴムの転がり止めを頂きました。


こんなの↓
IMG_0591.jpg


注射にはめるとこんな感じ?↓
IMG_059.jpg

はめる場所がここでいいのかは分かりませんが…。


メーカーさんからもらえる物なのでタダらしいです。
色も幾つかあったみたいなのですが、患者さんにあげすぎちゃってこれ一個だけしかなかったみたい(笑)

先生や看護師の間では、こんなの使う?いらないんじゃないの?とずっと思っていたみたいです。
でも患者さんからはありがたい、という声があって、それも特に女性の患者さんが多かったみたいです。

私もトイレで注射する時困っていました。
トイレでは注射の置く場所がなかったり、あっても置くスペースが小さかったりするので、慎重に置いても転がって落とすことがしばしば…。
なので最近では、注射は置かずにいつも口に加えて打つ用意をしていました。

先生にそのことを伝えると、
「実際に注射を使う人じゃないとこういうのって分からないもんだね。私達はこんな子供だましみたいなもの誰も使わないと思ってました(笑)要望があれば次回幾つか仕入れときます。また使ってみた感想聞かせてくださいね。」
と言ってました。

使ってみて、確かに転がらないので便利だな~と思ってます。

同じ経験がある方は病院に言うと転がり止めをもらえるかもしれません。
一度お試しあれ。

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ

受診日 | コメント:(5) | トラックバック:(0)

5月の受診日(初の病院)

2012/05/08 Tue 17:45

昨日、5月の検診に行ってきました。

前通っていた病院に紹介状を書いてもらい、今回から家のすぐ近くの内科クリニックにお世話になることになりました。

冬に風邪をひいた時、一度このクリニックで診てもらったのですが、先生は女の先生でとっても話しやすく、普段糖尿病の患者さんも診ているということでした。

何かあったら先生に直接電話もすることができます。
小さい個人病院の特権かな。
総合病院だとこうはいきませんからね。
その点では安心感があるし、通えることになってすごくうれしいです

聞くと、このクリニックでは一型の糖尿病の患者さんは私が初めてらしいです。
同じ病気の人はなかなかいないもんなんですね


そして、今回のA1c結果は、6.3(NGSP表記)。
4月からA1cの表記がかわったので、今までのJDS表記だと5.9です。

また0.2上がっちゃったぁ~…
妊娠を希望してる私としてはちょっと高い値です。
できるだけ5.8以下を目指したいのですが…。
(正常な人であれば、A1cは5.8以下とされています)

4月の帰省の時に一週間ほど値が200とか300とかしょっちゅう高い値が出ていました。
それがかなり影響しているような気がします。
(A1cはここ1~2ヶ月の血糖値の状態を示します)

帰省した時はなぜか上がるんですよね
食べるものがいつもと違うからでしょうか
帰ってきた途端に分かりやすいくらい正常値に戻ります。(笑)

まぁ、今回は仕方ないかぁ~。
次頑張ろ。


家に帰って糖尿病手帳を開くと、今までいつも測っていたコレステロール値、中性脂肪、血圧が今回は書いてありませんでした。
コレステロールはいつも高いしかなり見たかったなぁ…

次行った時には測ってもらうよう忘れずに頼まなきゃね

------------------------------------------------------
ブログランキング参加中
クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
受診日 | コメント:(0) | トラックバック:(1)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。